Site Overlay

その他の記事

あるクライマーは、厳しいオーバーハングを持つ急な屋外の岩場を好むが、他のクライマーは屋内クライミングの比較的安全なものを好む。 どのタイプのクライミングを好むにせよ、使用される筋肉は非常によく似ています。

Latissimus Dorsi

クライミングで使う主な筋肉は、背中の横にある広背筋(Latissimus Dorsi)の略称であるLatsだ。 この大きな翼状の筋肉は、腕を使って上に引き上げるときに、腕を下と内側に引っ張る役割を担っています。

Biceps Brachii

上腕の前面にある上腕二頭筋は、文字通り双頭の腕筋で、腕を曲げる働きがあります。 一般に上腕二頭筋と呼ばれるこの筋肉は、上腕三頭筋と連動して、体を上に引き上げる働きをします。 上腕二頭筋は比較的小さいため、より大きく強力な裏筋より先に疲労することが多い。

前腕屈筋

岩をつかむために、指や前腕を曲げる役割をする筋肉がたくさんある。 これらの筋肉は、前腕屈筋と総称され、 flexor carpi ulnaris、 flexor carpi radialis、 flexor pollicis longus などの筋肉が含まれます。 長時間の登山や激しい運動をすると、これらの筋肉は血液で充血し、非常にきつく感じられ、疲労が蓄積します。 クライマーはこの感覚を「パンプされる」と呼びます。

Gastrocnemius and Soleus

クライマーは、非常に小さなつま先立ちでバランスをとるのに多くの時間を費やし、しばしば片足で全体重を支えなければなりません。 クライミングシューズは、足が硬くなるように設計されており、つま先の先端から強力なふくらはぎの筋肉まで、硬いレバーを提供するようになっています。 腓腹筋とヒラメ筋の2つのふくらはぎの筋肉があります。 つま先立ちの時間が長いと、ふくらはぎの筋肉が疲労して震えることがあります。 このような状態を、登山家たちはディスコレッグと呼んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。