Site Overlay

アルミニウムと自閉症。 関連性はあるのか?

以下は、Journal of Trace Elements in Medicine and Biologyから、人間のアルミニウムへの曝露と自閉症に関する2018年の研究結果を抜粋したものである。 完全な結果については、この要約の最後にある全文研究にクリックしていただくことをお勧めします。

この研究は、脳へのアルミニウム蓄積と自閉症が関連しているかもしれないという仮説において、ユニークな視点を提示しています。 研究者らは、毛髪サンプルを使用するのではなく、アルミニウムレベルを特定し、組織間変動を確立するために、死亡した自閉症患者のヒト脳組織を使用しました。

研究者らは、自閉症とアルミニウムの間に暫定的な関連性があり、ワクチンが問題の源の1つである可能性を挙げている。 ワクチンについて再確認すると、アルミニウムアジュバント(アルミニウム塩、モノホスホリルA)は、A型肝炎、B型肝炎、ジフテリア破傷風含有ワクチン、ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型、肺炎球菌ワクチンで使用されていますが、麻疹、おたふくかぜ、風疹、水痘、ロタウイルスなどの生きたウイルスワクチンでは使用されていません。 ワクチンに含まれるアルミニウムの量は、生物製剤評価研究センター(CBER)により規制されています。 以下のチャートで、そのレベルの詳細をお読みください。

~ Journal of Trace Elements in Medicine and Biology

ABSTRACT/INTRO EXCERPTに掲載されました。 自閉症スペクトラム障害は、原因不明の神経発達障害である。 遺伝的感受性と環境要因の両方が関与していることが示唆されており、後者には環境毒素が含まれている。 ASDの動物モデルは、Shaw(2013)の研究によると、アルミニウムとの関連、特に人間の予防接種に使用されるアルミニウムアジュバントとの関連を支持し続けています。

これまでの研究の大半は、アルミニウムへのヒトの曝露の指標として毛髪を使用しており、血液や尿中のアルミニウムもより限定的に使用されてきた。 本研究の研究者によると、ASDと診断されて死亡したドナーの脳組織からアルミニウムが検出されたという報告は過去にないとのことである。 今回、研究者らは自閉症の脳組織中のアルミニウムを測定し、その位置を特定した

本研究は、5人の脳内のアルミニウム含有量を調べたものである。 ADI-R(Autism Diagnostic Interview-Revised)ASDと診断された15~50歳の男性4名、女性1名の5名から、側頭葉、前頭葉、頭頂葉、後頭葉の冷凍重量約1gの皮質と海馬(0.3gのみ)のサンプルを得た

研究チームはASDの診断を受けたドナーの脳組織のアルミニウム含有量は非常に高いことが分かった(Table 1)。 組織間、葉間、被験者間の変動は大きかったものの、5人全員の各葉の平均アルミニウム含有量は、透析脳症などの異所性障害を含む、脳アルミニウム含有量の過去のすべての測定値の中で高い方であった

4人の男性ドナーはすべて、女性ドナー1人に比べて脳アルミニウム濃度が著しく高かった。 これらの男性ASDドナーの脳内アルミニウム含有量は、17.10、18.57、22.11μg/g dry wt.と、健康な組織や病気の組織でこれまで測定された中で最も高い値を記録した。 (表1)。 研究チームにとって、ドナーの年齢は特に厄介なものでした。

「このデータが他の疾患における脳アルミニウムの分析結果と異なるのは、ASDのドナーの年齢です。 たとえば、なぜ15歳の少年の脳組織のアルミニウム含有量がこれほど高いのでしょうか? 最も近いのは、家族性アルツハイマー病(fAD)の42歳男性の同様の高いデータです」

研究者はまた、これらの細胞の一部はグリア(おそらくアストロサイト)のように見えるが、他のものはミクログリアのように見える細長い核を持つことに留意しました。 「これは、アルミニウムが何らかの形で血液脳関門を通過し、本来の細胞であるミクログリア細胞に取り込まれたことを示唆しています」と、研究チームは書いている。 また、アルミニウムが細胞内に侵入した可能性も示唆しています。

「興味深いことに、アルミニウムを含んだ炎症性細胞が血管系とレプトメニングに時折存在することから、アルミニウムの脳への侵入は細胞内という別の様式の可能性も出てきました。 しかし、この第2のシナリオが重要であるためには、血管系からリンパ球や単球を放出させるために、何らかの脳内障害が発生することが予想されます」

彼らはさらに、「炎症細胞、グリア細胞、ミクログリアなどの非神経細胞でアルミニウムが負荷されていることが本書で確認されており、ASDの際立った観察と言えます」と述べています。 例えば、fADの脳組織で同定されたアルミニウム沈着物の大部分は細胞外であり、ほぼ常に灰白質に関連していた。”と述べている。 加えて、”ASDでは、血液やリンパを循環する免疫細胞を介して脳に入ったアルミニウムが促進されるというデータからの示唆は、ASDの15歳の少年の脳になぜ多くのアルミニウムがあったのかという、先に提起した疑問の説明を始めるかもしれません。”

この研究は非常に小規模ですが、重要な疑問を提起すると研究チームは書いています。

「凍結または固定された脳組織のすべてのサンプルからアルミニウムが見つかったという事実は、ASDの診断を受けた人の脳組織には非常に高いレベルのアルミニウムがあり、このアルミニウムはミクログリアやその他の炎症性単球などの非神経細胞との関連が非常に強いことを示唆しています」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。