Site Overlay

インカの先祖は、征服ではなく交易によって拡大した

アンデス高地全域で栄えたインカの先祖文化であるワリ族は、征服や中央集権による鉄拳ではなく、交易と半自治植民地によって支配を大きく拡大したと、新しい研究が示唆しています。

この結論に達するために、今月、Journal of Anthropological Archaeologyに詳述されたように、研究者は、先コロンブス文化の居住パターンを調べました。

ワリ族の統治は、15世紀頃に台頭したインカ帝国のリーダーよりも軽いタッチであるようでした。

「ワリ族の国家権力が限られていたことは、強力な地方支配の解釈よりも、植民地化の実践に焦点を当てることを促す」と、ニューハンプシャー州のダートマス大学の人類学者である研究主導者の R. Alan Covey 氏は述べています。 ワリ族の初期の拡大に関する「植民地化第一主義」の解釈は、拡大の動機の再考を促し、軍事的征服や対象住民の経済的搾取から、人口的救済や貿易ルートや天然資源へのアクセスの戦略的拡大といった問題にシフトします」

ワリ族の中心都市ピキリクタから、紀元前600年から1000年の間に現在のペルー全域を支配していたのです。 この古代文化は文書を残していませんが、ペルーのクスコ渓谷周辺にある手つかずの王墓を含む数千の考古学的遺跡から、彼らの生活について多くのことが明らかになっています。

コヴィー氏らは、考古学的調査と地理的マッピングを用いて、約1000平方マイル(2600平方キロメートル)の約3000の遺跡におけるワリ族の土地利用習慣を系統的に分析した。

チームは、巨額の投資を行った大都市ピキリラクタから連続した円状に広がっているのではなく、ワリ族の支配領域はより斑になっていることを発見した。

この発見は、ワリ族が、その子孫であるインカ族とは異なり、植民地を直接支配下に置くことができなかったことを示唆している。

その代わりに、ワリ族はおそらく貿易ルートが開いたときや特定の天然資源へのアクセスを必要としたときに拡大したと、本研究は示唆している。 LiveScience @livescience、Facebook、Google+をフォローしてください。 LiveScienceのオリジナル記事です。

  • 画像ギャラリーです。 インカの子どものミイラ
  • 写真で見る。 古代世界の驚くべき遺跡
  • Album: インカの要塞を掘り起こす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。