Site Overlay

カニステル

カニステルは熱帯の果物です。

卵の大きさと表現されることが多いようですが、実際はどうでしょうか。 英語などで使われる名称の多くにEggが使われているほどです。 しかし、その形は、必ずしも卵型とは限りません。

果実は長さ3〜5インチ(7 1/2〜12 1/2cm)、幅2〜3インチ(5〜7 1/2cm)です。

果実は緑から淡い緑、黄橙色に成熟し、一般に滑らかで光沢のある皮を持っているが、ラッセルが起こることもある。

果実の甘さは様々で、焼いた山芋のような味がする。原産地の中央アメリカでは常緑で、23 F(-5 C.) 以下の温度では耐えない。 時には、高さ90〜100フィート(27〜30メートル)、幹の幅は最大で3フィート(1メートル)にもなることがある。 褐色の樹皮と光沢のある緑色の葉は、長さ11~28センチ、幅4~7センチ。 3年から6年で実をつけます。 10代の花が単独で、または束になって若い枝から生えてきます。

食べ頃になると、果実は柔らかくなり、果肉は黄色がかったオレンジ色で滑らか、麝香のような風味があります。 しかし、熟してもまだ固いので、樹上で熟すと落ちてしまうので、熟したうちに収穫する必要があります。

皮のすぐ下は繊維質ですが、中心に向かってゆで卵の黄身のような、あるいは山芋のような、ミーハーな感じに変化します。 他の果物のようにジューシーでもなく、シャキシャキした感じでもありません。

中心部には、長さ5cm、幅1cmほどの硬くて大きな、光沢のある黒褐色の種が1~4個入っています。 最も大きなものは「サルド」と呼ばれるもので、肉質もややジューシーになる傾向があります。 また、果実の長さが1インチ(2.5cm)しかない「フイコン」という品種もあります。 バハマなどで一般に知られているカニステルは、メキシコやグアテマラで知られているものとは果実の形が異なる。

カニステルはメキシコ南部でのみ野生が確認されています。 フロリダでも栽培できるが、カリフォルニアではうまくいかない。

Cooking Tips

レモン汁やコショウ、ライム、マヨネーズで塩漬けにしてそのまま食べられるが、カスタード、アイスクリーム、ミルクシェイク、パイなどの料理の材料として使うほうが簡単である。

140

Protein

1.

栄養成分

果肉100gあたり

カロリー
脂質
を表示します。1 g
Carbohydrate
37 g
1.7 g
ビタミンC
58 mg
リン
37 mg

当量

1 cup pulp = 100g / 3 oz weight

保存方法

一度柔らかくしてから、再度使用します。 冷蔵庫で数日間保存可能です。 砂糖と混ぜた果肉は冷凍で6ヶ月間保存可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。