Site Overlay

コミュニケーション入門

私たちが人として共通して持っている欲求は、他者とのつながりを感じたいということです。 私たちは、他者とのつながりや交流を通じて、大きな喜びや冒険、学びを経験します。 集団の一員になりたい、人に好かれたいという感情は自然なものです。 私たちが人とのつながりの欲求を満たす方法のひとつが、友人関係です。 友情は、年齢、性別、文化的背景によって、人によって異なる意味を持ちます。 すべての友情に共通するのは、それが選択された対人関係であるということです。 人生を通じて、友人関係を構築するプロセスを継続的に行うことになるのです。 ローリンズは、私たちが6つの段階を経て友情を育むことを提案しています。 すべての人間関係において、この6つのステップに忠実に従うとは限らないが、これらのステップは、私たちがどのように友情を育むかを理解するのに役立つ。 それぞれは、右に流れる方向矢印で次の円に接続されている。 左から「役割限定的な交流」「友好的な関係」「友好への移行」「初期の友好」「安定した友好」「衰退した友好」。

友好関係を築く最初のステップは「役割限定的な交流」で行われます。 このステップでは、私たちは自分の社会的役割に基づいて他者と交流する。 たとえば、クラスで新しい人に会うと、「学生」という自分の役割を中心に交流する。 コミュニケーションの特徴は、個人的な話題ではなく、表面的な話題に集中することです。 このステップでは、自己開示が制限され、スクリプトとステレオタイプに依存します。 初対面の新入生2人が入門コースで出会ったとき、彼らは会話を始め、最初のコミュニケーションの文脈で演じた役割にしたがって交流した。 彼らは、クラスで近くに座っていることから会話を始め、コースの側面が好きか嫌いかを話し合った。

友人関係を築くための第2段階は、「友好的関係」と呼ばれるものである。 この段階は、参加者が互いに交流し、共通の関心事があるかどうか、また、互いに知り合うことを続けようとすることで、最初の役割を超えたコミュニケーションが特徴的である。 一緒に過ごす時間が長くなり、何気ない会話をしているうちに、共通の趣味がたくさんあることに気づくかもしれません。 お互いに遠方から通学していることに気づき、家族に会えないという葛藤を理解しあえる。 また、それぞれが運動が好きで、特にバスケットボールをやっている。 この友情が芽生えたのは、彼らがお互いをクラスメート以上の存在として認識したためです。 彼らはお互いを、同じ年齢で、同じような目標、野心、興味を持つ女性として見ていたのです。 さらに、一人はコミュニケーション学を、もう一人は心理学を学んでいたため、二人は大学で追求していることの違いだけでなく、類似点も評価していた。

友情を育む第三段階は、「友情への移動」と呼ばれる。 この段階では、参加者はより個人的な友情を育むための動きをする。 彼らは、関係が始まった場所の外で会うようになるかもしれないし、自己開示のレベルを上げ始めるかもしれない。 自己開示によって、新しい友人たちは信頼の絆を形成することができる。 この段階に入ったとき、ある学生は大学のキャンパスでバスケットボールのサークルに入る直前であった。 練習やミーティングを始めるうちに、これは自分とクラスメートが一緒に楽しめることだと気づき、クラスメートを誘ったのである。 この段階では、個人はより多くの時間を一緒に過ごすことを約束する。 また、「歴史のクラスの人」や「一緒に働いている人」ではなく、「友達」という言葉でお互いを指すようになることもある。 このような交流は、最初の役割分担を越えて、参加者が自分たちだけのコミュニケーションのルールや規範を作り上げていくことになります。 例えば、定期的に電話やメールをするようになったり、夜のランニングに一緒に行くなど、特定の時間や行動をお互いに予約するようになったりするのです。 時間が経つにつれて、生徒たちは、一日に起こった面白い話をしたり、食事に行く計画を立てたり、ジムで汗を流す計画を立てたりするために、お互いにもっと頻繁にメールをするようになった

友情の発展の第5段階は、安定した友情である。 この段階では、友だちはお互いに友だちとして当然だと思っているが、否定的な意味ではない。 友情がしっかりしているので、お互いが自分の人生の中に存在することを前提としている。 継続性の前提があるのです。 また、この段階でのコミュニケーションは、自己開示のレベルが上がり、各人が自分の一部を相手にさらけ出すことに安心感を覚えるため、信頼感を持つことが特徴です。 この段階は、生涯を通じていつまでも続く可能性がある。 彼女たちが友人になったとき、彼女たちは大学1年生だった。 その数年後、彼女たちは学校を卒業し、大学院に進学するために別々の地域に引っ越した。 離れていくのは寂しいが、友情は続くと信じていた。

友情発展の最終段階は「友情の衰退」である。 ご存知のように、友情は必ずしもハッピーエンドとは限りません。 多くの友情は終わりを迎えます。 友情は、単に突然の終わりを迎えるとは限りません。 多くの場合、友情の衰退を示す段階がありますが、ローリンのモデルでは、友情の終わりはこのステップに集約されます。 おそらく、地理的に大きな距離を隔てて関係を維持することが困難なのでしょう。 あるいは、人が変わって別の方向に成長し、旧友との共通点が少なくなることもある。 時には、友情のルールが修復不可能なほど破られることもある。 先ほど、友情の構成要素である信頼についてお話しました。 信頼に関する一般的なルールの1つは、私たちが友人に秘密を告げた場合、友人もそれを秘密にすることが期待されるというものです。

Challenges for Friendships

以上のステップは友情への一般的な道筋ですが、常に順調というわけではありません。 どんな関係でもそうですが、友情には、その発展を阻害するような課題が存在します。 友情につきものの課題としては、性別、文化的多様性、性的魅力の3つが挙げられます。 重要なことは、これらの構成要素にはそれぞれ、文化的規範や私たちが特定の特徴に与える価値観のために、権力や特権の対立が存在することです。 人は自分と似たような人と付き合う傾向があるという研究結果があるため、これらは人間関係における課題である(Echols & Graham)。 ページ横のペアをご覧ください。彼らは異なる性別、民族、文化であることを認識し、異なる性別にさえ惹かれます。 彼らの友情は、互いの違いについて学ぶ機会を提供するだけでなく、その違いゆえの課題も提供します。

  • 雪の中、防寒具を着てカメラに向かって微笑む若い男女の写真性別について。 調査によると、女性も男性も友人関係において信頼と親密さを重視し、友人と過ごす時間を大切にしている(Mathews, Derlega & Morrow; Bell & Coleman; Monsour & Rawlins)。 しかし、女性と男性の友人関係の中で行われる相互作用にはいくつかの違いがある(Burleson, Jones & Holmstrom; Coates; Harriman)。 女友達の間でよくあるのは、単に話をしたり、お互いの近況を知るために集まることである。 アントワネットは親しい友人に電話をするとき、”私の家に来て、話をしない?”と言うかもしれない。 言葉によるコミュニケーションでつながる必要性が明示され、関係の基礎を形成している。 一方、男性の友人同士では、より一般的な交流の方法として、会話を円滑にするための手段として、ある行動に誘うことがあります。 例えば、ジョンが友人に、”おい、マイク、今週末にサーフィンに行こうぜ “と言うかもしれない。 明確な要求は活動(サーフィン)に従事することですが、ジョンとマイクは活動に従事するにつれ、話し、冗談を言い、友情の絆を強化することを理解しています。

我々はしばしばジェンダーを男性と女性として見てきましたが、ジェンダーを男性/女性の二元ではなく、スペクトルとして見る文化に変わってきています。 モンサール&ローリンズ氏は、さまざまなタイプのジェンダー・コミュニティに関する研究の新しい波について説明しています。 最近の研究は、男性/女性の二元論を超えたジェンダー定義に対してより包括的なものである。 この研究はその分野では最先端かもしれないが、社会が違いを受け入れるようになれば、人間関係のルールに関する新しい考え方が生まれるだろう」

  • 文化。 文化:文化的価値観は、私たちが友人関係をどのように理解するかを形成する。 個人主義を強調するほとんどの西洋社会では(集団主義とは対照的に)、友情は自発的なものと見なされ、私たちは自分の友情サークルに誰を入れるか選ぶことができる。 もし嫌いな人がいても、その人と友達になる必要はないのです。 これとは対照的に、職場や学校では、同僚や同級生が嫌いでも、仲良くすることを強制されることがあります。 日本や中国など多くの集団主義的文化では、友情には当事者全員が理解する一定の義務がある(Carrier; Kim & Markman)。 これには、贈り物をすること、雇用や経済の機会を得ること、いわゆる「官僚的お役所仕事」を切り抜けることなどが含まれるかもしれない。 特にビジネスや政治におけるこうした種類のつながりは、個人主義の価値観に反するため、アメリカでは嫌われるかもしれませんが、集団主義文化における友情の自然で正常な、そして論理的な結果です。
  • Sexual Attraction: 古典的な映画『ハリー・サリーに会う日』は、性的な魅力が友情をいかに複雑にしうるかを浮き彫りにしている。 映画では、ハリーが「男と女は、セックスがいつも邪魔をするから友達になれない」という台詞を引用している。 性的魅力や性的緊張のレベルが、異性愛者の男女、同性愛者の男性、レズビアンの女性の間の友情に挑戦することがあります。 これは、友人の一人が性的関係を探求したいという内的欲求から生じるか、あるいは関係の中の誰かが「友人以上の関係」になりたいと示している場合である。 このような状況は、友情に負担をかける可能性があり、友情を継続させたいのであれば、個人がその状況に対処する必要があります。 最近、”Friends with Benefits “と呼ばれる友人関係の定義が、ひとつのアプローチとして注目されています。 この用語は、二人が自分たちの関係を友情と認識しながらも、恋愛関係で一般的な他の特徴にコミットすることなく、性的行為に関与することに前向きであるという理解を意味します。

Friendships Now

日常生活で何人の友人がいるかを少し思い返してみてください。 その数は、Facebookなどのソーシャルメディア上の数と同等か、それ以上でしょうか。 おそらく、その数は大きく異なっているはずです。 ソーシャルメディアにアクセスできる私たちにとって、ソーシャルメディアは友人関係を築き、維持する方法を変えつつあるのです。 物理的な生活で友人を作る場合、相手は定期的に連絡を取り合うほど近くにいて、顔を合わせて交流する必要があります。 その概念が、ソーシャルメディアの世界にはほとんど存在しないのです。 ローリンの友人関係を築く最初のステップである「役割限定的な交流」は、ボタンをクリックするだけでバイパスされ、「友好的な関係」にすぐ移行できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。