Site Overlay

ジャン=ピエール・ジュネ監督作品全7本をワーストからベストまでランキング

独学のジャン=ピエール・ジュネ監督は1953年9月3日にフランスのロワール地方に生まれました。 17歳で初めてカメラを購入し、シネマシオン・スタジオでアニメーションを学びながら、短編映画を制作する。 1974年、アヌシーで開催されたアニメーションフェスティバルでマルク・キャロと出会う。 短編映画、アニメーション、広告、ミュージック・ビデオなど数多くの作品を共に制作する。 キャロは『エイリアン:リザレクション』の制作の早い段階で退社したが、悪気はないのだが、彼が何をもたらしたかを見抜くのは難しいように思われる。

彼の映画は、広いカメラアングルの使用、たくさんの凝ったクレーンの動き、カラーグレーディングの多用、珍しい顔の俳優を起用するのが好きで、ドミニク・ピノンを前へ!など、かなり簡単に見分けがつく。 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」「ヘルボーイ」「ライフ・オブ・パイ」などを断らなければ、彼の経歴はもっと長く、輝かしいものになったはずです。 F」の文字が気になる方は、「Foutaises」または「Things I Like, Things I Don’t Like」を検索してみてください。 10分弱のこの作品は、彼のスタイル、ユーモア、視覚的な複雑さの完璧なサンプルである。 この作品では、「崖の上のポニョ」、「崖の上のポニョ」、「崖の上のポニョ」、「崖の上のポニョ」、「崖の上のポニョ」、「崖の上のポニョ」、「崖の上のポニョ」、「崖の上のポニョ」、「崖の上のポニョ」が登場し、「崖の上のポニョ」は「崖の上のポニョ」、「崖の上のポニョ」は「崖の上のポニョ」、「崖の上のポニョ」と呼ばれています。 その際、誰かがエイリアンのDNAを混ぜて、何が起こるか見てみるのも面白いかもしれないと考えました。 その結果、貪欲なバカが収穫のためにモンスターを繁殖させ、モンスターが逃げ、殺戮、死、破壊などが起こり、最後の数人がその日を救うために残るだけとなる。 結局のところ、傭兵の一団が「ベティ」という船で現れるような映画がすべて悪いわけがない!

批評家自身も混乱しているようです。 シカゴ・サンタイムズ紙のロジャー・エバート氏は、「この映画には、人を驚嘆させるショットが1つもない」と感じたが、後に1997年のワースト映画の1つに選ばれた。 Film Threat』のトム・ミークは「ウィーバーとジュネの努力は、ジョス・ウェドンの脚本の無能さによって台無しにされている」と書き、『IGN DVD』のR・L・シェイファーは「彼(ジュネ)の受賞歴のある風変わりなフランスの映像センスは、ジョス・ウェドンの肉とポテトの脚本とはうまくかみ合わない」と書いています

6. ロストチルドレンの街 (La Cité Des Enfants Perdus) – 1995

The City of Lost Children は、ポストアポカリプス、シュールレアリズム、ファンタジーに戻ったが予算は大きい!

クランク (Daniel Emilfork) とその仲間 (主にクローンの Dominique Pinons から構成) は永遠に生きるために子供の夢を盗もうとし始めた。 残念ながらクランクは怖くて悪夢しか見れない。

「デリカテッセン」のような成功がなかったため、この作品をカルトのカテゴリーに落とすのは簡単ですが、それは不当だと思います。 この映画は、視覚的に美しく、ウィットに富み、複雑で、時には混乱させられ、あなたの記憶の最も深く暗い奥底に隠されたものを引っ張り、より多くの観客にふさわしい映画です

5. 若き天才T・S・スピヴェット – 2013

10歳の天才T・S・スピヴェット(カイル・キャットレット)は、永久運動機械でスミソニアン博物館から賞を獲得する。 彼は誰にも告げずにモンタナの牧場からワシントンD.C.に向かい、賞品を受け取り、身なりの良い招待客でいっぱいの会場でスピーチをしますが、幸運な勝者が非常に暗い秘密を持つ10歳の子供だとは誰も思いもしませんでした。 また、主人公の母親であるクレア・スピヴェット博士役のヘレナ・ボナム=カーターなど、全く別の俳優陣(どこにでもいるドミニク・ピノンは別として!)も登場します。

その鮮やかすぎる色彩と擬似スチームパンク的感覚は、目を楽しませるものがたくさんあります。

4.A Very Long Engagement (Un Long Dimanche De Fiançailles) – 2004

Audrey Tautouが演じるMathildeは、第一次世界大戦末期に婚約者を探しています。 彼はソンムの前線から逃れるために自らを切断した罪に問われている男たちの一人です。 その罰は、フランスとドイツの塹壕の間の無人の土地に落とされることだった。 マチルドは婚約者のマネシュ(ガスパール・ウリエル)が死んだと信じず、彼を探す旅に出る。

セバスチャン・ジャプリゾの同名小説を原作とするこの作品は、彼の他の作品のシュールで暗いユーモアとは一線を画し、またある種の歴史的意義を持つ物語でもある。 とはいえ、ジュネのトレードマークともいえる手法は健在で、美術監督と撮影監督でアカデミー賞にノミネートされた。 また、セザール賞にも12回ノミネートされ、そのうち5回を獲得しています。

3 デリカテッセン – 1991

ジュネとキャロのチームによる初の長編映画は、シュールで楽しいものでした。 浮浪者のサーカス団員、殺人肉屋、過激なベジタリアン、欲望にまみれた郵便配達員などが、黙示録的なブラック・コメディに集結。 観客に猿のリビングストンを殺され、屠殺され、食べられてしまった彼は、サーカスの仕事を失います。 肉屋のクラペ(ジャン=クロード・ドレフュス)が所有する団地に、募集広告に応えてやってきた。

照明や色調、主題、セットデザイン、オランダのアングルなどが控えめなこの映画はノワールのカテゴリーに入りますが、とても面白いコメディでもあるのです。

2 ミックマック(MicMacs à Tire-Larigot) – 2009

MicMacs または MicMacs à Tire-Larigot は、Delicatessen をヒットさせたシュールで不条理でコメディーなスタイルへの回帰です

物語は、地雷除去で死亡した父親のバジル(Dany Boon)により展開します。 その後、バジルはレンタルビデオ店の店員となり、ドライブバイの流れ弾に当たってしまう。 その後、バジルはアパートと仕事を失い、ゴミ捨て場を改造した洞窟で暮らす不良たちの仲間入りをする。 3488>

有益なゴミを探しに出かけたバジルは、向かい合う2つの会社に遭遇する。1つは彼の脳に刺さった弾丸を作った会社、もう1つは彼の父親を殺した地雷を作った会社だ。 バジルは自分の脳を撃ち抜いた弾丸を製造した会社と、自分の父親を殺した地雷を製造した会社の対決に遭遇し、2社を破滅させるべく団結していく。 ジュネ監督作品ということで、「ミッション」を思わせるような展開になっています。

この映画のポスターは何度見返せばわかるのでしょうか? この映画のパリは理想化され、少し衛生的ですが、『アメリ』ほどではありません。

1. アメリ』(Le Fabuleux Destin D’Amélie Poulain) – 2001年

フランス映画をアートハウスからシネコンに持ち込んだ一本です。 Le Fabuleux Destin D’Amélie Poulain」別名「モンマルトルのアメリ」別名「アメリ」は、批評的にも興行的にも大ヒットを記録した。

20代半ばの独身女性、アメリ(オードリー・トートー)は、孤立した幼少期から活発な想像力を育んできました。 ある夜、彼女は何年も前に少年が隠したタイムカプセルに出くわす。 ある夜、彼女は少年が隠したタイムカプセルを発見する。 その時の少年の反応に感動した彼女は、人を幸せにすることに人生を捧げようと決意する。 その努力の結果、ニノ・キンカンポワ(マチュー・カソヴィッツ)と出会い、やがてアメリは自分自身の幸せを見つけることになる。 いつものように、2時間を費やして、ご自身で判断してください。

著者略歴。 元教師、元講師、元社会福祉士、元薬剤師。 退職後、NetflixやiTunesなど、見逃した映画を取り戻すためにあちこちに出没している。 マチネーにも何本か行けるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。