Site Overlay

スピニングタックルでコールドウォータークランクベイトをキャストする

バスフィッシングで最も面白い男、ジェラルド・スウィンドルは数年前のクラシック計量ステージで最高の言葉を残している。 “熱いシャワーを浴びたいんだ。 一日中冷たい風の中でラパラシャッドラップをキャストして立っていたんだが、これはハリケーンの中でポテトチップをキャストしようとしているようなもんだ。”

スウィンドルを知っているなら、シャッドラップが彼のお気に入りのコールドウォータールアーであることはよく知られている。 しかし、もしあなたが伝説のバルサベイトやサスペンディング・ジャークベイトをベイトキャスティング機材で投げようとしたことがあるなら、特に風が囁きよりも強いとき、あなたは息を殺して、あるいはもしかしたら声を出して罵ることになるかもしれませんね。

私もその経験があり、認めたくはないのですが、最近、逆上してイライラすることがあったので、25年前、初めてスピニングタックルでサスペンドジャークベイトを投げて、コールドウォーターバスを釣ったときのことを思い出しています。

そう、信じられないかもしれませんが、この冬のルアーを有名にしたオザーク山地の一流アングラーたちは、ベイトキャスティングとほぼ同じ割合でスピニングタックルを使っていたのです。 そして、なぜかスピニングスティックと「エッグビーター」リールは冬の流行から外れてしまったようです。

そしてそれは残念なことです。スピニングタックルは、あなたのお気に入りの冷水用トレブルフック付きルアーと組み合わせるべき多くのパフォーマンスベースの理由を本当に提供してくれるからです。

Basic physics favor spinning tackle for lighter lures

Shad Rapのような軽いルアーでは、ベイトキャスティングリールのスプールに十分な回転力を与えることは困難です。 そのため、摩擦によってルアーの飛び出しが遅くなるのです。 そして、ようやくスプールが回転するようになった頃には、ルアーの勢いが弱くなりすぎて、バックラッシュを起こすことが多いのです。

ロングキャスト、バックラッシュの減少

軽いバルサベイトやジャークベイトとスピニングタックルの組み合わせの良い結果は簡単で、バックラッシュが大幅に減少し、さらにロングキャストが可能になります。 そのため、このような「曖昧さ」を払拭することができるのです。

スピニングリールのサイズアップ

サイズ25と30はバスアングラーに最も人気のあるスピニングリールサイズですが、ケビン・ヴァンダムなどの伝説のプロはほぼ常にサイズ40のスピニングリールを使っているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。