Site Overlay

デモステネス

Demosthenes (B.C. 384-322) は、ギリシャ最大の弁論家、そしておそらく史上最高の弁論家とみなされている。

デモステネスは、アッティカ地方のパイアニアデメの裕福な武器製造者デモステネスの息子であった。 父親はデモステネスが7歳のときに亡くなり、遺産は2人の弟アフォブス、デモフォン、友人のテリピデスに引き継がれたが、彼らはその管理をひどく誤った。

初期の経歴

病弱な子供だったが、デモステネスには保護者から救済を受けようと決意した。 イサエイオスのもとで修辞学と法律を学び、20歳のときには資本金の10分の1ほどしか残っていなかったが、後見人を訴追することに成功した。 この事業に関する4つの演説は、『アフォブスに対して』と『オネトルに対して』に残されている。

小石を口にくわえて演説したり、波の音が聞こえる海辺で練習したという伝説は偽書かもしれないが、デモステネスはどんな身体の障害も克服するために厳しい準備をしていたことは間違いなく、即興は得意ではなかったようだが、トゥキディデス、プラトン、イソクラテスの著書に親しんでいたようである。 デモステネスは15年間、プロのスピーチライター(logographos)として活躍し、演説の形式や専門的な法律の詳細に精通し、さまざまなテーマに及んだ。 紀元前355年、デモステネスが検察官の補佐役として議会や裁判所など公の場で演説を行った。 アンドロシオン、ティモクラテス、アリストクラテスに対する演説は、相当な能力の持ち主であったことを示すものである。 354年に初めて公の場に登場した「レプチンに対して」では、国家に優れた奉仕をした市民を特別税から免除するという政策を擁護している。 「アリストクラテスに抗して」(352)では外交政策に取り組み、「海軍委員会について」(354)、「メガロポリスについて」(352)、「ローディアンについて」(351)では外交問題に強い関心を持ち、行政改革を強く推進するデモステネスが描かれている。

Opponent of Macedon

351年はデモステネスにとって転機となる年で、彼は有名な『フィリピクス』(351-340)を9回の演説で始め、拡大し続けるマケドンと帝国主義的に侵攻するフィリポの脅威をアテネに警告している。 フィリッポスの脅威にさらされた北方最強の都市オリュントスを中心に、3つの演説が行われた。 デモステネスはオリュントスの窮状を救うためにアテネに軍を派遣するよう嘆願したが、アテネ側は事態の重大さに納得せず、オリュントスは348年に滅亡した。 しかし、フィリップの関心は南方へ向けられていた。 346年にアンフィクチオン同盟に加盟すると、マケドンはアテネの支持を受けるギリシャの大国となった。

デモステネスは『講和について』という演説で346年のフィリップとの講和条約を支持したが、すぐにフィリップには別の計画があることを見抜いた。 そこで344年の『第二ピリピ』、『ケルソネースについて』、『第三ピリピ』(341年)でフィリップとその計画を再び攻撃し、『大使館について』(343年)でアテネの利益を裏切ったとしてアイスキネスを攻撃した。 次第にデモステネスは、増大するフィリップの軍事的・政治的拡張に反対する指導者となり、この反対運動は武力衝突に発展し、338年にチャエロネアでアテネとその同盟国は完敗を喫することになった。 デモステネス自身も敗残兵の一人であった

敗れたとはいえ、デモステネスの精神は折れてはいなかった。 彼はフィリップと戦い続け、クテシフォンは彼の功績に対して、都市ディオニュシアで黄金の冠を贈ることを提案した。この提案は、デモステネスの主要な競争相手であるアエスキネスを動かし、クテシフォンに対して、違法な提案がなされたとして告訴させた。 裁判は330年に行われ、デモステネスは彼の代表作とされる『王冠について』で見事にクテシフォンと自分自身を弁護した。

指導力の衰退

その後、デモステネスの指導力は衰えた。 バビロン総督でアレクサンドロス大王の財務官であったハルパルスが、アレクサンドロスが死んだという誤った噂をもとにアテネに資金を持ち逃げしたため、彼はその資金を受け取ったとして罪に問われたのである。 ハルパルスは6千の軍勢を従えていたため、アテネへの入国を拒否された。

要求に応じてハルパルスは軍を解散させ入国したが、アレクサンダーは彼の降伏を要求した。 デモステネスは、ハルパルスを拘束し、彼の持つ資金をパルテノン神殿に預けることを提案し、反撃した。 ハルパルスが逃亡したとき、370タラントが不足しており、デモステネスは20タラントの賄賂を受け取って逃亡を助けたとして告発された。 6608>

このハルパルス事件で、デモステネスが実際に不正を働いたかどうかは、まだ明らかではない。

His Works

61の弁論、6の書簡、54の演説集がデモステネスによるとされるが、すべてが本物でないことは確かである。 私法裁判での演説には、アフォブスやオネトールに対するもの(363-362)、「ディオニュソドロスに対する」(323-322)、「フォルミオに対する」(350)、最初の「ステファヌスに対する」(349)などがある。 主題は後見、相続、貸付、鉱業権、偽造など多岐にわたる。

政治法廷での演説には、「アンドロティオンに対して」(355)、「レプチンに対して」(354)、「ティモクラテスに対して」(353)、「アリストクラテスに対して」(352)、「ミディアスに対して」(347)、「大使館について」(343)、「王冠について」(330)、「アリストギトンに対して」(325〜324)などがあります。 公人に対する免税の廃止、横領、公人への暴行、贈収賄、デモステネスとアエスキネスの私生活などが取り上げられている。

政治演説としては、「海軍板について」(354)、「メガロポリスのために」(352)、「ローディア人のために」(351)、「第一フィリピコ」(351)、三つの「オリンティアス」(349)、「平和について」(346)。 「第二次フィリピクス」(344)、「ケルソン半島について」(341)、「第三次フィリピクス」(341)、「第四次フィリピクス」(合成)、「ハロン半島について」(342)、「アレキサンダーとの条約について」(おそらくデモステネスによるものではないだろう)。 6つの「書簡」は最近になって再調査され、その大部分が本物である可能性が出てきた。

彼の意義

デモステネスは一般にギリシャ最大の演説家であると認められているが、生前はライバルに事欠くことはなかった。 彼は同時代人と先人の優れたものを自分の中に統合したと言われている。 デモステネスは、修辞的な形式のマスターである以上に、優れた道徳的、知的資質を持ち、言葉を最も効果的に使う方法を知っていた人物であった。

おそらく最も重要なことは、マケドニアの政治的・軍事的権力の台頭の意味を見抜き、この新しい権力に対して最も頑強で粘り強いギリシャ人個人の自由の擁護者となったデモステネスが、ギリシャ都市国家がもはや有効な政治単位ではなく、ヘレニズム帝国国家に取って代わることを見抜くほどの先見性は持っていなかったことであろう。

Further Reading

デモステネスに関する書籍は、以前ほど頻繁に出版されなくなった。 しかし、多くの古い文献は参考になる。 Samuel H. Butcher, Demosthenes (1881); Arthur W. Pickard-Cambridge, Demosthenes (1914); Charles D. Adams, Demosthenes and His Influence (1927); そして Werner W. Jaeger, Demosthenes.がある。 Werner W. Jaeger, Demosthenes: The Origin and Growth of His Policy (1938)がある。 Jonathan Goldstein, The Letters of Demosthenes (1968) は、デモステネスのものとされる6通の手紙の歴史的価値と真正性の問題について興味深い考察をしている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。