Site Overlay

パーティーで知らない人に話しかける簡単なコツ

パーティーで孤独を感じたことはありますか?

変わり者になりたくないという理由だけでパーティーに参加したことはありますか?

こうしたシナリオで、緊張した経験があるのは私だけではないと思います。 全く知らない人ばかりの中で、誰かと話したり、友達になろうとするのは気が引ける、という人も多いのではないでしょうか。 そんなあなたのために、パーティーで見知らぬ人と会話を始めるときに使える効果的なアイデアをご紹介します。

Photo by Jens Johnsson on Unsplash

パーティーで一人になったとき恥ずかしくないのは難しいことです。 でも、恥ずかしいと思えば思うほど、怖くなってしまいますよね。 “誰も気にしないから、自分の好きなようにすればいい “ということを思い出すと、楽になりますよ。 つまり、他人のことをあまり気にせず、楽しい時間を過ごせばいいのです。 恥ずかしがり屋なのに、どうして楽しいことができるのでしょう?

知らない人に近づくことに慣れる

知らない人とおしゃべりするのがどんなに怖いか、十分理解しています。 しかし、それは爽快で、他ではありえないようなチャンスへの扉を開くかもしれません。 重要なのは、あなたは真夜中の路上で一人ではないということです。 人混みの中で知らない人と会話しても、(重要な情報を与えない限り)害はありません。

ランダムな人に話しかけるときのヒントをいくつか紹介します:

  • 質問、質問、質問。 人々が話し続けるための最良の方法は、質問を使うことです。 見知らぬ人には、出身地や地元をどれだけ愛しているかなど、当たり障りのないことを聞けばいいのです。 経験則から言うと、デリケートな話題に関する質問は避けた方がよいでしょう。 何しろ見知らぬ人と話しているのですから。 簡単に「はい」「いいえ」で答えられないような、自由形式の質問をするのがベストでしょう。 もし、簡単に “はい “や “いいえ “で答えられるような質問であれば、その後のフォローアップができるようにしましょう。

“質問をする人が、その会話の質を決める”。 – Vikrant Dutta

  • 褒め言葉:一度相手を褒めると、相手も褒め返してくれることが多いので、会話が弾みますね。 また、褒めた後に用件を聞くことができるようになります。 “素敵なイヤリングですね。 どこで買ったの?”とか。 私の2セントは、心からの褒め言葉ができないなら、一切褒めないほうがもっといいということです。
  • 人気のある話題について話す。 人は食べること、飲むことが大好きです。 会話を始めたい相手が、おいしそうな飲み物やおいしそうなハンバーガーを食べたら、そのハンバーガーがどれだけおいしいか(おいしくないか)調査してみましょう。 あるいは、どんな飲み物を飲んでいるのか聞いてみましょう。 相手が答えたら、”How much do you actually like it? “などとフォローする。 もう一杯おごらせてください」でもいい。 そして、自己紹介をしましょう。

会話相手に返答させる

良い会話はギブアンドテイクであるべきです。 延々としゃべり続けるのはやめましょう。 自分の気持ちや考えを話したら、他の人にも話してもらいましょう。 私たちはパーティーに来ているのであって、一人だけがずっとしゃべっている講義の場ではありません。

グループで会話を始める

会場に入ったとき、運よく入り口で友人が迎えてくれるか、誰もいなくて、一番おしゃべりしやすいエリアに自分の道を切り開くしかない。 もし、そのような運がない場合は、少人数のグループを探すようにしましょう。 4~7人のグループがベストでしょう。 大きなグループだと、(誰かの邪魔をしない限り)発言する機会がないかもしれません。

なぜ、個人ではなく(小さな)グループを狙うべきなのでしょうか? 複数の人が回答できるような質問をすることになるので、個人よりグループの方がよいでしょう。 まるで全員がお互いをよく知っているかのようなグループには、恐れずに話しかけてみてください。 もしあなたが興味を持ち、議論に貢献すれば、彼らは快くあなたに話しかけてくれるでしょう。 もし、そのグループがとてもフレンドリーでオープンな印象であれば、あなたがすべきことは、彼らに近づいて自己紹介をすることです。 一番いい質問は、”How do you all know each other?”(皆さんはどうやって知り合ったのですか? これは毎回、ある種のお守りとして機能する。 また、「某国では、”某国 “は “某国 “と呼ばれ、”某国 “は “某国 “と呼ばれ、”某国 “は “某国 “と呼ばれ、”某国 “は “某国 “と呼ばれ、”某国 “は “某国 “と呼ばれ、”某国 “は “某国 “と呼ばれている。 この場合、他のグループに移動し、個人的にそれを取ることはありません。

同じ感情を持っている人を見つける

あなたが到着すると、飲み物をつかむと、人混みを避け、すぐに安全だと感じるコーナーに戻りがちです。 しかし、代わりに自分の弱さをオープンにすると、人々の反応に驚くことがあります。

隅で一人で携帯電話を見つめている人を見たら、彼らは混ざりたいと思っているかもしれませんが、その方法がよくわかりません。 その人に近づいて、会話を始めるためにいくつかの質問をします。 例えば、「楽しいパーティーですね」「こんにちは!」と声をかけてみましょう。 誰か知り合いはいますか? そこから自然と会話が弾む。 そうすると、他の人とも交わりやすくなりましたね。一緒にやったからです。

いずれにしても、外向的な人にはアプローチしやすいでしょう。 パーティーの盛り上げ役が見つかれば、結構喜んで話してくれたり、他の人を紹介してくれたりしますよ」

パーティーやイベントに一人で行くのは気が引けそうだが、そんなことはない。 でも、そんなことはありません。 一人でも話し相手が見つかれば、その場は楽になります。 そのうちに、気まずかったことも忘れてしまうかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。