Site Overlay

ブログ|カナダベイデンタル

ある朝起きたら、口の奥がすっかり腫れているように感じたとします。 実際、噛むたびにその部分の歯茎は何かが隠れているように感じられ、かなり痛いです。 塩水で口をすすぐと楽になりますが、数時間後、痛みと腫れはさらにひどくなっているようです。 虫歯がないことは分かっているし、その部分には問題を起こすようなものは何もない。 もちろん、あなたはまだ23歳であり、歯に問題があるとは思っていません。

あなたは歯根膜炎です!

ある朝起きると、口の奥がすっかり腫れているように感じますね。 実際、噛むたびに、その部分の歯茎は何かが隠れているように感じられ、かなり痛いです。 塩水で口をすすぐと楽になりますが、数時間後、痛みと腫れはさらにひどくなっているようです。 虫歯がないことは分かっているし、その部分には問題を起こすようなものは何もない。 もちろん、あなたはまだ23歳であり、歯に問題があるとは思っていません。

兆候と症状

その名の通り、歯周炎とは、萌出歯や部分萌出歯の周囲に生じた炎症のことを指します。 これは通常、20歳から40歳までのいつでも生えてくる親知らずで見られます。 誰もが親知らずを生やすわけではありませんが、中には遺伝的な素因を持つ患者さんもいます。 そのような方は、遺伝的な要因で歯が口腔内に入り込もうとします。 残念ながら、歯が生える頃には、口腔内に親知らずのためのスペースはありません。 その結果、余分な歯が口腔内に入り込もうとするため、患者さんは頻繁に不快感を感じることになります。 親知らずが骨と歯茎から部分的に押し出された後、中にも外にも出られなくなってしまうのが歯根膜炎です。 歯は通常、自由に動く歯周組織で覆われており、口の中に出てくるときに歯を保護します。 患者さんが食べ物を食べると、余分な食べかすが歯肉のフラップの下に詰まり、それが発酵して歯肉組織に感染し、歯周炎と呼ばれる歯肉感染症になります。 しかし、この問題は再発を繰り返す。 歯茎のフラップがあるため、いつでも食べかすが詰まってしまい、感染を繰り返してしまうのです。 これを慢性歯周炎といいます

口腔内検査

歯周炎の症状としては、痛み、感染、発熱、体の痛み、口の開けにくさ、口の中の悪臭、口の中の味、頸部のリンパ節の腫れなどが主な症状として挙げられます。 少数の患者さんでは、倦怠感や顔の腫れ、嚥下痛も見られることがあります。 一部の患者さんでは、感染が急速に拡大し、歯肉、頬、首へと移動し、重篤な口腔顔面感染を引き起こすことがあります。

治療

歯周炎が歯に限られている場合は、感染を抑えるための抗生物質と痛みを緩和するための鎮痛剤で治療されます。 その他、痛みや腫れを抑えるために、生理食塩水の温水洗浄や過酸化水素水洗浄などの補助的な処置も効果的です。

症状が再発した場合、歯科医は問題の原因となっている歯肉弁の切除を薦めることがあります。 重篤な感染症の場合は、親知らずを抜歯することもあります。 口腔衛生対策の改善、歯内フロスの使用、フッ素入りマウスウォッシュ、定期的な歯科検診などの予防的ケアをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。