Site Overlay

ホラアナグマを殺したのは何か? 科学者はその答えを知っていると考えている

テクノロジー & サイエンス

Facebookでシェア Twitterでシェア メールでシェア

ホッキョクグマサイズの草食動物が冬眠、出産した洞窟を人間が占拠して絶滅

ロイター

投稿者:Mr: 2019年8月15日
最終更新日 2019年8月16日

SPAIN-ODDLY/
スペインのカルピンアベントゥーラ公園で洞窟熊の実物大模型に仕上げを施す作業員。 案内板によると、「人類がこれまでに行った最も長い戦争は、ケーブ・ベアとの戦いであった。 人間も獣も同じ場所、つまり居住可能な洞窟に住みたかったのです。”とある。 (Vincent West/Reuters)

先史時代のヨーロッパの著名な住人であるホラアナグマの過去の人口動態を再構築した遺伝子研究は、このたくましい植物愛好家の獣の氷河期の絶滅に気候冷却よりもむしろホモサピエンスの関与を示唆している。

科学者たちは、木曜日に、フランス、ドイツ、イタリア、ポーランド、セルビア、スペイン、スイスの14の場所で発掘された骨から、59頭のホラアナグマのゲノムデータを入手したと発表しました。

これを使用して、東ヨーロッパへの我々の種の到着と一致するおよそ5万年前に人口減少を検知し、その後ヨーロッパ全体にホモサピエンスの普及と一致して約4万年前から急激に減少していることを発見したのです。 442>

ADVERTISEMENT

ホラアナグマ(学名 Ursus spelaeus)は、氷河期のヨーロッパに生息するカリスマの1つで、ケーブライオン、ウーリーサイ、ウーリーマンモス、ステップバイソンといった動物とともに生息していた。 ホッキョクグマと同じ大きさだが、草食性である。

気候の寒冷化がクマの食生活の中心である植生を減らしてクマを破滅させたのか、それともクマが冬眠や出産をする洞窟を狩りや占拠するなど人間の侵入が原因なのか、科学的議論が続いている。

この研究で明らかになった個体数の急減は、直近の氷河期に伴う気候の冷却よりも前のものであると、スイスのチューリッヒ大学の古遺伝学者Verena Schuenemann氏は述べています。

Survived 2 cold stretches

The bear’s population also had been stable for long periods prior to that including two pronounced cold stretches and multiple other cooling episodes, Schuenemann added.

cave bear skull
The cavear skull from Natural History Museum in Belgrade, Serbia.This is a cave bear skull. フランス、ドイツ、イタリア、ポーランド、セルビア、スペイン、スイスの 14 か所で発掘されたホラアナグマの骨の遺伝子データを用いて、科学者たちは、気候変動ではなく人間がクマを絶滅させたと考えています。 (R. Kowalczyk)

ホモ・サピエンスは30万年以上前にアフリカで誕生し、その後世界中に広まりました。 この研究は、ホモ・サピエンスの到来が、ユーラシア、アメリカ、およびオーストラリアにわたる多数の種の破滅を予見していたという新しい証拠を提供しました。

ドイツのテュービンゲン大学の生物地理学者エルヴェ・ボシュランスは、「現代人は、5万年前頃から地球上に広がった大型哺乳類の衰退と絶滅に決定的に大きな役割を果たしたという証拠がますます増えている」と語りました。

ADVERTISEMENT

「これは、単にこれらの哺乳類を狩って絶滅させただけでなく、非常に大きな草食動物などの主要な種の人口減少を引き起こし、生態系の崩壊とさらなる絶滅のカスケードにつながりました」と、Bocherens 氏は付け加えました。

  • アフリカ以外の最古の現代人の化石がギリシャで発見されたと研究
  • DNA証拠から巨大ホラアナグマが絶滅前にヒグマと交尾していたことが判明

ホモサピエンスの到来以前、ホモサピエンスの侵入後に同じく絶滅した人類種ネアンデルタールと領土を共有しても、熊の人口は堅調を保っていたそうです。

この研究は、学術誌「Scientific Reports」に掲載されました。

  • 現代人ではなくネアンデルタール人がこれらの洞窟画を作成した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。