Site Overlay

リアル減量サクセスストーリー。 ジーナはランニングを始め、76ポンドを失った

Name: ジーナ・ムーニー

Age: 38
Height: 5’10”
Before Weight: 225 pounds (Honestly, it may be more, but I couldn’t keep stepping on the scale every day.)

How I Gained It: 健康的な体重であることに悩んだのは、4人目の子供が生まれた後でした。 妊娠中に高血圧になり、それが産後も続いていたようです。 また、うつ病のような状態になり、それに伴って体重も増えていきました。 気分が落ち込むと運動する気になれず、運動しないので太ってしまうのです。 ハンバーガーやピザ、甘い紅茶やソフトドリンクなど、何でも食べていたのも、困ったものです。 ダイエットをしようとしても、結局はお腹が空いて、また食べ過ぎてしまうんです。 医師からうつ病の薬を処方され、さらに体重が増えました。 それは終わりのない、惨めなサイクルでした。

Breaking Point: 2009年、5人目の子供ができたことがわかりました(サプライズ!)。 出産後、授乳中に少し体重が減っていることに気づき、この勢いで健康や人生を変えようと決心しました。

どうやって減らしたか:ベビーカーに娘を乗せて、長女と次男を連れて散歩に行くようになりました。 数週間後、娘に押させて、私はほんの数メートル先を「走り」、それから二人のところに「走り」戻ってくるようになりました。 日が経つにつれ、距離も長くなり、体重も少しずつですが、確実に減っていきました。 2010年2月8日、娘は子供たちを家に残し(子供たちを連れて行くには少し寒すぎたようだ)、私は5キロの距離を完走しようと決心した。 必要なら止まったり歩いたりしてもいいと自分に許しを出しましたが、その必要はありませんでした。 目に涙を浮かべながら、私はその5キロを走り終え、永遠に変わりました。

それ以来、5キロのレースに何度も出場し(メダルを獲得したレースもあります!)、10キロのレースを3回、ハーフマラソンを3回、そして2012年3月に初マラソン(これも人生が変わりました!)を経験しました。 今は、食事を燃料としてとらえ、自分を強くしてくれるもの、回復を早めてくれるもの、走っているときに気分を悪くさせないものなど、賢い選択をするように心がけています。 味に妥協はしませんが、揚げ物や砂糖、脂肪で調理されたものでなくてもおいしいと感じるようになりました。 朝食はオートミール、昼食はツナ、玄米、卵、おやつはリンゴ、バナナ、ニンジン、パプリカなどです。 夕食には、家族全員が楽しめるようなものを考えるようにしています。 食材は焼いたり、グリルしたりすることが多く、ヘルシーでない食材はヘルシーなもので代用するようにしています。 うちの子どもたちは好き嫌いがなく、新しい食材に挑戦することにとても前向きになっています。 実際、下の子は生のブロッコリーやニンジンをメニューに入れると、大喜びしますよ。 また、私は水をたくさん飲み、ソーダ類はほとんど飲まなくなりました。

ブログ「Slow is the New Fast」を始めたのは、最初はランニング1周年について書くためでしたが、その後、他の人のモチベーションを上げ、励ますための方法として開花していったのです。 人は、あなたが自分を信じていることを聞く必要があると、私は本当に信じています。 やめないで!」「あなたならできる!」と言われるだけで、人生を変えるか、あきらめるかの違いになることもあります。 生きていることを実感できるようになりたかったし、病気ばかりしているのも嫌だったんです。 今ではライフスタイルの一部となり、私はそれを前進させる使命を担っています。 できるだけ多くの人を励まし、それが可能であることを知ってもらいたいのです。 76キロの減量に成功しましたが、それ以上に大切なのは人生を取り戻したことです。 149ポンドから154ポンドの間。 正直なところ、ランニング次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。