Site Overlay

中国国家宇宙局

中国国家宇宙局 (CNSA), Chinese Guojia Hangtianju, 1993年に設立された国家の宇宙活動を管理する中国政府機関。 組織は4つの部門から構成されている。 総合企画、システムエンジニアリング、科学技術・品質管理、外交の4部門からなる。 最高責任者は行政長官で、副長官が補佐する。 本部は北京にある。 CNSAは3つの打ち上げ施設を運営している。

中国の宇宙開発は、中国軍と国防科学技術工業委員会の共同管理のもと、大部分が秘密裏に発展してきた。 1949年の共産党政権発足後、米国カリフォルニア州パサデナのジェット推進研究所の設立に携わった中国人エンジニア銭学仙が中国に帰国し、ソ連の大陸間弾道ミサイルから派生した中国のミサイルとロケット開発の指導的役割を担った。 1956年、弾道ミサイル開発のために設立された国防部第五研究院の初代院長に就任し、その後、中国の宇宙開発の第一歩を担当することになる。 1964年、宇宙開発は第七機械工業部の管轄となった。 1983年、第七省は航空宇宙工業省となった。 1993年、航空宇宙産業省は、中国のほとんどの宇宙機器メーカーを監督する独立した中国航空宇宙公司と、中国宇宙局に分割された。

関連記事

神舟

欧州宇宙機関

宇宙航空研究開発機構

中国は長征ブースターのファミリーを開発しました。 これらは国内で使用されるだけでなく、国際的な商業宇宙打上げ市場の競争相手にもなっています。 その宇宙開発は、民間および軍事用の通信衛星や地球観測衛星などの用途に集中している。

中国は、1992年に独自の有人宇宙飛行プログラムを開始した。 そのために開発された「神舟」と呼ばれる宇宙船は、ロシアで長い間使われてきたソユーズをモデルにしているが、中国が開発した技術と製造に大きく依存している。 4年にわたる無人宇宙船試験の後、CNSAは2003年10月15日に中国初の太公望(宇宙飛行士)である楊利偉を軌道に乗せた。 これにより、ソ連、米国に次いで3カ国目の有人宇宙飛行を達成した。 また、CNSAは2011年9月に初の宇宙ステーション「天宮1号」を打ち上げ、2016年9月には「天宮2号」を打ち上げました。 2020年には3モジュールからなるステーションの最初のモジュール「天宮3号」の打ち上げが予定されている。 CNSAは月探査機「嫦娥」シリーズも開始し、2019年1月には「嫦娥4号」が月の裏側に着陸した最初の宇宙船となった。

ジョージワシントン大学エリオット国際問題学部政治学・国際問題名誉教授、ジョン M. ログスドンが執筆した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。