Site Overlay

人類が4万年前に「世界の屋根」に到達したことを示唆する証拠

最新の学説では、人類は約12万年前にアフリカから拡散し、オーストラリアの砂漠からシベリアの草原まで、異なる生態系に生息し適応し始めたとされます。 サイエンス・ニュースのブルース・バウワーが報じているように、人類は世界で最も過酷な気候を最後に取っておいたと、研究者たちは長い間信じていたのである。 高地の東チベット高原には、8000年前、おそらく12000年から13000年前まで人類は存在しなかったという証拠がある。 しかし、この地域の考古学的発掘はその考えを覆し、研究者は3万年から4万年前の道具を発掘し、人類が以前考えられていたより何万年も早く「世界の屋根」にいたことを示唆しています。 中国科学院のプレスリリースによると、研究者はこれまで、低酸素、低雨量、年間を通じて寒いという過酷な生息環境が、人類の植民を遠ざけてきたと考えていました。 しかし、11,700年前に終わった更新世までさかのぼった居住地は、高原の端にわずかに見つかっただけでした。 サイエンス誌に掲載されたこの研究で、研究チームは、チベットの首都ラサの北約185マイル、海抜15000フィートの急峻な場所にある遺跡で、合計3683個の石器を回収したことを報告しています。 この遺跡は、3万年前から4万年前、1万8千年前から2万5千年前、1万3千年前から1万4千年前と、大きく3つの時代に分かれていたと考えられています。 Nwya Devuは、発掘現場から約半マイル離れた場所で発見された黒色粘板岩から石器を作る道具工房として使われていたと考えられている。 道具を作るには理想的ではありませんが、この近辺の他のどの場所よりも優れていました。 また、この遺跡は季節的な狩猟キャンプとしても使用されていたと考えられています。

「チベット高原に人間の集団がいたことを示す、最初の確かな証拠です」と、UCLAの考古学者で、この研究には参加していないJeff Brantingham氏は、ナショナルジオグラフィックのマイケル・グレシュコ氏に語っています。

グレシュコは、他の考古学者も高原の後期人口化には決して納得しておらず、他の石器時代の道具もこの地域で発見されていると報告しています。 しかし、石器の年代測定は層序学に依存しており、炭素年代測定ができないため、考古学者は石器が見つかった土層を年代測定しなければならないのです。 しかし、チベットの石器はほとんどが地表で発見されており、現代の技術では年代測定が不可能である。 しかし、Nwya Devuでは、数万年前に製作者が落とした跡から道具が発見されたのです。 342>

では、4万年前にこの高原に降り立った勇敢な人類は誰だったのでしょうか。 DNAも人骨も発見されなかったので、簡単には答えられない。 それとも、ホモ・サピエンスと交配した絶滅した人類の祖先種である、古代のデニソワ人によって作られた可能性があるのでしょうか?

昨年発表された遺伝子研究により、現代のチベット人の一部は、酸素レベルが低いときにヘモグロビンを余分に生成するきっかけとなる遺伝子など、高地適応に関連する遺伝子を持っていることが判明しました。 これらの適応のほとんどは、古代人の間で発達した突然変異に由来する。 しかし、EPAS1という遺伝子は、デニソワ人から受け継いだものである。 その研究によれば、この遺伝子は12,000年から32,000年前にチベット人の祖先集団に入り、7,000年から28,000年前までは、高地に移動したときに生じた強い淘汰を受けなかったという。 このことは、石器が、少なくともしばらくの間は「世界の屋根」を故郷とすることを決めた別の集団(おそらくデニソワ人の祖先を持つ集団)からもたらされた可能性を示唆している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。