Site Overlay

動き出す赤ちゃん ハイハイスタイルの違い

あなたの赤ちゃんは、もうハイハイができるかな? 7~10カ月ごろになると、ほとんどの赤ちゃんが手とひざを使ったハイハイをマスターしますが、手とひざを使ったハイハイがうまくいかず、別のハイハイ方法を身につける赤ちゃんもいます。 手とひざを交互に動かして進む従来の方法だけでなく、おなかを使って進む赤ちゃん、お尻をついて手を動かして進む赤ちゃん、片足を下げてハイハイし、もう片方の足を床につけて前進する赤ちゃんなど、さまざまなタイプのハイハイがあります。

AAP(米国小児科学会)によると、ハイハイには次のような種類があります。

  • クラシックハンド&ニーまたはクロスハイ

手とひざに体重をかけ、一方の腕と反対のひざを同時に前に出します。

  • クマさんハイハイ

見た目は普通のハイハイですが、ひじとひざをまっすぐにしたまま、クマのように手足で歩きます。

  • 腹這い・コマンドー

赤ちゃんがお腹を抱えて床を引きながら腕で体を前に出す方法です。 これは効率的な移動方法ですが、間違いなく服を汚すことになります!

  • ボトムスクーター

赤ちゃんがお尻で腕を使い、体を前に移動させる方法です。 このタイプのハイハイは、古典的な手と膝を使ったハイハイほど速くはなりませんが、仕事はこなせます。

  • カニ歩き

赤ちゃんは、手で体を動かしながら、カニのように後方や横方向に移動します。 このタイプのハイハイは、通常、赤ちゃんがハイハイの方法を学んでいるときに起こります。 この時期は、通常、1~2週間ほどで終わります。

  • 伝い歩き

赤ちゃんが、ある場所から別の場所へ転がりながら目的地に向かうことです。 これは厳密にはハイハイではありませんが、目的地に着くまで何度も転がるだけなので、ハイハイの姿勢が身に付かない赤ちゃんもいます。

非定型のハイハイパターンが必ずしも問題を示すわけではありませんが、ハイハイの非対称性は危険信号となることがあることを考慮に入れておいてください。 そのため、赤ちゃんのハイハイに不安がある場合は、小児科医に相談するか、小児理学療法士に評価してもらいましょう。

ハイハイについてもっと知りたい方は、ブログ「Crawling 101」や以下のサイトをご覧ください:

  • https://www.healthychildren.org/English/ages-stages/baby/Pages/Crawling-Styles.aspx
  • http://www.babycenter.com/0_baby-milestone-crawling_6501.bc
  • http://www.kidspot.com.au/baby/baby-development/milestones/baby-development-all-about-crawling

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。