Site Overlay

南極の氷の下に9000万年前の熱帯雨林の遺跡を発見

約9000万年前、西南極は温帯雨林が繁栄していたことが、最近そこで発見された根、花粉、胞子の化石によって明らかになりました。

当時、世界は別の場所だった。 白亜紀(1億4500万年前から6500万年前)の中期には、恐竜が地球を歩き回り、海面が現在より558フィート(170メートル)高かったそうです。 熱帯地方の海面温度は華氏95度(摂氏35度)にも達していました。

この灼熱の気候が、今日のニュージーランドに見られるような熱帯雨林を南極に根付かせることができたと、研究者は述べています。

関連記事 写真で見る 北極で発掘された化石森林

熱帯雨林の遺物は、国際研究チームが2017年に西南極のパイン島氷河近くの海底から採取した堆積物コアで、氷の下から発見された。

チームはコアを見るや否や、何か異常なものがあることに気づきました。 約9000万年前に形成された層が、違う色をしていたのだ。 「それは明らかにその上の層とは異なっていました」と、ドイツ・ブレーマーハーフェンにあるアルフレッド・ウェゲナー研究所ヘルムホルツ極地海洋研究センターの地質学者である研究主任のヨハン・クラージュ氏は声明の中で述べています。

「Polarstern」船のオペレーターが、遠隔技術を使ってMebo海底ボーリングシステムを駆動しています。 (Image credit: JP Klages/AWI)

研究室に戻り、研究チームはコアをCT(コンピュータ断層検査)スキャナーにかけました。 その結果、デジタル画像には、土壌層全体にわたって根の密なネットワークが写っていました。

花粉や胞子を分析することで、イギリスのノーサンブリア大学の古生態学者であるウルリッヒ・ザルツマン共同研究員は、西南極の9000万年前の植生と気候を復元することができたのです。 「白亜紀中期、西南極は温暖な気候で、年平均気温はシアトルと同じような約54F(12℃)であったことが、堆積物コアによって明らかになりました。 夏の気温は平均66F(19C)で、より暖かかった。 川や沼地では、水は最高で華氏68度(20℃)に達したでしょう。

さらに、当時の雨量は、現在のイギリス、ウェールズの雨量に匹敵することが、研究者によって明らかにされました。 しかし、大気中の二酸化炭素濃度が高かったため、当時の世界はより暖かく、堆積物コアの分析によれば、これまで考えられていたよりもさらに高かったと、研究者は述べています。

「我々の研究以前は、白亜紀の世界の二酸化炭素濃度はおよそ1000 ppmであると一般的に考えられていました」と、アルフレッド ウェゲナー研究所の気候モデラー、Gerrit Lohmann 共同研究者は声明で述べています。 「しかし、我々のモデルベースの実験では、南極の当時の平均気温に達するには、1,120~1,680ppmの濃度レベルが必要でした」

これらの発見は、二酸化炭素などの強力な温室効果ガスが、かつて熱帯雨林があった現在の西南極の気温を急上昇させることを示すものである。 さらに、今日の氷床の冷却効果がいかに重要であるかを示していると、研究者は述べています。

この研究は、昨日(4月1日)、雑誌「ネイチャー」のオンライン版に掲載されました。

  • 過去は保存されています。 石化した森の写真
  • Amazon photos: 熱帯雨林を支配する木々
  • 南極大陸の写真。

元々はLive Scienceに掲載されました。

OFFER: 最新の雑誌で少なくとも53%節約!

物の機能を示す印象的なカットウェイ・イラストと、世界で最も感動的な光景の驚くべき写真で、How It Worksは、最新のテクノロジーと地球上および世界の最も素晴らしい現象に追いつきたいと願う主流の読者に向けた、魅力的で事実に基づいた楽しさの最高峰を表現しています。 複雑なテーマでも興味深く、理解しやすいスタイルで書かれたHow It Worksは、あらゆる年代の読者に楽しんでいただけます。

最新ニュース

{{ articleName }}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。