Site Overlay

名前に何が入っているのか? Wet markets’ may hide true culprits for COVID-19

他の市場は、電話、キャンディー、小さなギフトなどのアイテムを販売し、「ウェットマーケット」と「ドライマーケット」の間の境界をあいまいにしているかもしれないとGuerin氏は述べています。 中国や他のアジア諸国の湿式市場の大部分は、主に野菜や果物、海産物、鶏や豚など一般的に飼育されている動物の肉を販売していると、Li氏は電子メールでモンガベイに語った。「中国の伝統的な『湿式市場』は、家畜のためのものです。 “野生動物のための湿式市場が参加し始めたのは、1980年代初頭のことです。 しかし、今日、ほとんどの市場では、家畜のための湿式市場はあるが、野生動物のための湿式市場はない。”

台湾の湿式市場での生きた縛り付けられた魚のバスケット。 Image by Jo-Anne McArthur / We Animals.

しかし、悪名高いHuanan Seafood Wholefood Marketのようなごく一部の湿地市場では、市場によって大きなばらつきはあるものの、不法に取引された種を含む野生動物も販売されます。

「野生動物が昆虫や天然魚の形でしか売られていないこともあれば、鳥や爬虫類、哺乳類がいる市場もあります」と、世界動物保護(WAP)の野生動物研究および動物福祉担当のグローバルヘッド、Jan Schmidt-Burbach は電子メールで Mongabay に語っています。 「野生動物は、インドネシアの「鳥市場」のような全く独立した市場でも売られることがありますが、農産物は一切売らず、野生動物や家畜の取引に完全に集中しています」

CITESで保護されているパンゴリンのような野生動物の取引は違法なので、これらの動物の販売は必ずしも人前で行われません。

野生動物の湿式市場取引業者はより慎重になる傾向があります、と、中国で8つほど野生動物を売る市場を訪れた李さんは述べました。 「ウェット・マーケットに陳列されているのは、一般に飼育された個体です」

ベトナムのウェット・マーケットで販売されている犬肉。 Image by Jo-Anne McArthur / We Animals.

多くのウェットマーケットが野生動物を販売していないにもかかわらず、「ウェットマーケット」という言葉は「野生動物市場」と同じように使われる傾向があり、この不正確さは問題につながりかねないと、シュミット=バーバックは述べています。「地域社会に手頃な価格の生鮮食品にアクセスさせてくれるしばしば不可欠なウェットマーケットに対して、不必要に悪い場所であるというブランドをつけてしまう危険性がある」、と彼は言います。 「議論の焦点は、野生動物の市場、もっと言えば、野生動物の取引にあるべきです。結局のところ、公衆衛生と動物福祉にリスクをもたらすのは野生動物の取引なのです。 そのためには、取引が物理的に市場で行われるか、オンラインで行われるか、野生動物が捕獲されるか養殖されるか、企業対消費者、企業対企業の取引であるかは関係ないのだ。「

中国では2月から野生動物の取引が禁止されていますが、新鮮な農産物、海産物、家畜の肉を販売するウェットマーケットは依然として営業しています。

ウェットマーケットは中国にしかないのでしょうか。 しかし、ウェットマーケット、あるいはファーマーズマーケットなどの同等のものは、米国を含む世界の他の場所でも見られます。

マンハッタンの店頭屠殺場で売られている鶏。 Slaughter Free NYCの共同主催者であるジル・カーネギーによると、ニューヨーク市だけでも、アジアのウェットマーケットと同様の機能を持つ「店舗型屠殺場」が80以上あるといいます。

「誰でも中に入ると、十数種の動物がケージやペンに閉じ込められていて、通常は過密状態になっています」と、カーネギーはモンババイに語りました。 鶏やその他の家禽は近くの工場農場から、ヤギ、羊、牛はペンシルバニア州の動物オークションや農場から来ることが多いのです」。 そして、どの種類の動物でも好きな重さを選ぶと、作業員が計量してくれるのです。 その際、作業員が引き上げた動物を観察し、承認することも可能です。 その後、動物はその場で屠殺・処理され、包装されます」

Slaughter Free NYCもこれらの店を指すのに、「ウェットマーケット」という用語を使用していますが、この表示は、アジアにおける食品市場を指すことが最も多いようです

ウェットマーケットは閉鎖されるべきか?

一部のウェットマーケットには深刻な衛生上の問題があるため、世界保健機関(WHO)は、将来の病気の発生を防ぐために、世界のフードマーケットにおける新しい衛生ガイドラインを発表しました。 動物愛護団体の間では、こうした市場、特に生きている動物を販売する市場での動物の苦痛も懸念されています。

Anhuiのウェットマーケットで販売準備中の鶏。 2016年、中国。 Image by Kelly Guerin / We Animals.

しかし、リは、市場、工場農場、飼育下繁殖施設など、世界中のどこでも、動物を取引し屠殺するすべての施設に重大な問題があると指摘している。

「パンデミックの発生に責任があるのは中国や中国の文化ではなく、飼育施設や野生から、しばしば異なる種の動物を大量にまとめる生産様式です」と、李は述べています。 「すべての国は、集中的な動物飼育施設があるかどうか、野生動物の取引が行われているかどうかを調べるべきです…これらはすべて潜在的な危険源になり得ます」

Banner image caption: 2016年、中国安徽省のウェットマーケットで売られているニワトリ。 画像:Kelly Guerin / We Animals.

によるもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。