Site Overlay

大統領選討論会101:オバマは中東で「謝罪ツアー」を行ったか?

オバマ大統領は、中東で謝罪ツアーを行い、さまざまな国で公の場で演説しながらアメリカを批判したことがあるか?

ミット・ロムニーは、オバマ氏がまさにそれを行ったと長い間述べてきた。 これはロムニー陣営の基本的な主張の1つであった。 マサチューセッツ州の元知事は、選挙運動の自伝のタイトルを「No Apology(謝罪なし)」としたほどです。 マサチューセッツ州の元知事は、選挙運動の自伝に “No Apology: The Case for American Greatness “というタイトルをつけている。 ロムニー氏は、月曜日の夜、3回目の大統領選討論会でこの主張を繰り返したからだ。

まず、ロムニー氏の言及とオバマ氏の反応を見てみましょう。

核プログラムをめぐるイランとの協議の可能性に関する司会者のボブ・シーファー氏の質問に答える際、ロムニー氏はオバマ氏の中東での立場に対する一般的な攻撃にシフトした。

政権発足当初、「大統領は中東の様々な国を訪れ、アメリカを批判する、私が謝罪ツアーと呼ぶものを始めた」とロムニー氏は述べた。 「

Get the Monitor Stories you care about to your inbox.

By signing up, you agree to our Privacy Policy.

討論を通じて喧嘩腰だったオバマは、この打撃をただ吸収したわけではない。

「これはおそらく、このキャンペーンの過程で語られた最大のでたらめだ」と、オバマは言った。 「そして、すべてのファクトチェッカーとそれを見たすべての記者は、知事、これは真実ではないと言いました。」

しかし、ロムニーは引き下がらなかった。 大統領、私が謝罪ツアーと呼ぶのは、あなたが中東に行き、エジプトとサウジアラビアと……に飛んだからです」と、少し詳細な説明をした。 トルコ、イラク……。 そして、それらの国々で、アラビアのテレビで、アメリカは見下し、軽蔑してきたと言いましたね。 あなたは、アメリカは時として他国に対して独裁的であったと言いました。 大統領、アメリカは他国に指図をしたことはありません。 私たちは他国を独裁者から解放したのです」

OK、ここで解きほぐすべき筋はたくさんある。 まずはその1つ目から。 ロムニー氏はここで、「謝罪ツアー」についての言及に微妙な変化を加えました。 選挙戦の初期には、彼は単にオバマがそのようなツアーに参加したと言っていました。 今、彼はそれを変更し、彼(ロムニー)はそれを呼び出すと言いました。 その通りだ。 ロムニーはそのように呼んでいる。

おそらくロムニーは、オバマの言う通り、多くの主流メディアのファクトチェッカーが一般的な謝罪ツアーの主張を虚偽と判断したため、そのように表現したのだろう。 (ちょっと待って、GOP、私たちはあなたがそれらへの応答を持っていることを知っています。 ちょっとだけ待ってください)。 例えば、FactCheck.orgとWashington PostのファクトチェッカーであるGlenn Kesslerの結論はそうだ。

さて、「dissive」「derisive」「dictat to」についてだが、

オバマは確かに2009年に中東諸国を視察している。

以下は、オバマの言葉の全文です:

「アメリカでは、世界におけるヨーロッパの主要な役割を評価することに失敗している。 「しかし、欧州では、反米主義があり、それはカジュアルであると同時に陰湿でもある。 「アメリカが世界でしている良いことを認める代わりに、ヨーロッパでは悪いことの多くをアメリカのせいにすることがある」

これは謝罪なのか? 彼は “謝罪 “に近いことは言っていない。 アメリカは確かに国際問題で傲慢な態度を示すことがあったし、他の先進国もほとんどそうだ。 いずれにせよ、オバマは自虐的になるためではなく、並列構造を設定し、ヨーロッパが安易な反米主義に甘んじているという指摘を和らげるためにそれを使っている。

オバマが「独裁」に言及したのは、中東ツアーからではない。 2009年4月、トリニダード・トバゴで開催された米州サミットでの演説だ。

再び、以下がその全文である:

「過去にパートナーシップの約束が果たされなかったことがあり、信頼を時間をかけて獲得しなければならないことを知っています」とオバマは述べた。 「米国は半球の平和と繁栄を促進するために多くのことを行ってきたが、ある時は関与せず、ある時は条件に口を出そうとしたこともあった。 しかし、私は対等なパートナーシップを求めることを誓う」

ここでも平行線の構図がある。 オバマは「独裁」を使って、先に進んで一緒に働くという申し出のバランスを取っているのです。 それに、アメリカはラテンアメリカで条件を独裁してきたし、しようとしたこともある。 1965年にアメリカがドミニカ共和国を占領したことから始めて、そこから先に進むこともできます。

ただし、共和党はロムニーが「apology tour」を使ったこと自体を謝罪しているわけではありません。

「ファクトチェッカーは間違っている・・・。 保守派のジェニファー・ルービン氏は、ワシントンポスト紙のブログ「Right Turn」で、「現実との相違があまりにも大きいので、大統領と主流メディアが住んでいる情報バブルがいかに強力であるかを実感する」と書いています。 また、国家が過去の行為について謝罪する必要があるとしても、そのような謝罪は外国で行われるべきではないとも述べています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。