Site Overlay

放射能オオカミ~チェルノブイリ立ち入り禁止区域の野生動物たち

2016.04.13

チェルノブイリ原発事故から30年、ウクライナ・ベラルーシの国境沿いの立ち入り禁止区域は人間が住めない放射能ノーマンランドになっています。 しかし、ここには新しい住人、オオカミがいます。

オオカミの子供をテスト中。

ウクライナとベラルーシ当局は、現在少なくとも300頭のオオカミが立ち入り禁止区域に生息していると推定しています。 研究者たちは、立ち入り禁止区域のオオカミの群れを研究し、個々の動物に対してテストを実施する許可を正式に得ました。 立入禁止区域にいるオオカミの実際の数、そして彼らや他の種が放射能や人間の不在によってどのような影響を受けるかを明らかにしようとするものである。 1970>

このチェルノブイリ・オオカミは、放射能に囲まれているにもかかわらず、元気なようですね。

チェルノブイリ・オオカミの個体数に関する研究は初期段階にある。 科学者たちは、彼らの行動パターンを追跡できるように、動物のいくつかに送信機を装着しました。 その結果、高濃度の放射能に汚染された地域に住んでいるという事実を考慮すると、オオカミは驚くほど良好な状態であることがわかりました。 研究の一環として、子オオカミに着目しています。 子オオカミの毛皮を年配のオオカミの毛皮と定期的に比較し、世代間の放射線の影響の可能性を調べています。 この研究は、地域環境の他の側面の分析に有用であることを証明することができる。

放送時間:
DW
SAT 23.04.2016 – 19:15 UTC
SUN 24.2016.04.04 – 01:15 UTC
SUN 24.04.2016 – 07:15 UTC
SUN 24.04.2016 – 15:15 UTC
mon 25.04.2016 – 05:15 UTC
MON 02.05.2016 – 09:15 UTC
SUN 08.05.05.2016 – 03:15 UTC
Lagos UTC +1 | Cape Town UTC +2 | Nairobi UTC +3
Delhi UTC +5,5 | Bangkok UTC +7 | Hong Kong UTC +8
London UTC +1 | Berlin UTC +2 | Moscow UTC +3
サンフランシスコ UTC -7 | Edmonton UTC -6 | New York UTC -4
DW (Amerika)
SUN 24.2016.04.04 – 09:15 UTC
Vancouver UTC -7 | New York UTC -4 | Sao Paulo UTC -3

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。