Site Overlay

汎神論

Flammarionの木版画をカラー化したものです。 原画は1888年にパリで出版された。 7966>

汎神論(「すべての神」の意)という言葉は、ドイツの観念論哲学者カール・クリスチャン・フリードリヒ・クラウス(1781-1832)が、学者による超越的な神の概念に代えて、より参加型の神の概念を採用する過程で作った造語です。 ギリシャ語のpan(すべて)、en(中に)、theos(神)に由来するこの言葉は、世界は神の中にあり、神は世界の中にあるという信念を意味する。 しかし、汎神論とは、存在論的に宇宙を神と同一視する汎神論とは異なる意味である。 したがって、汎神論的な神は、すべての被造物の中にある内在的な力であると同時に、宇宙を支配する超越的な力でもあるのです」

汎神論には二つのタイプがある。 1)部分的に汎神論的なタイプで、宇宙の全体が神の一部として神の中に含まれており、神はもちろん神の一部でしかない宇宙以上の存在であると主張するもの、2)世界と神の両方が互いに内在的であると言うとき、存在論的に区別して見る種類の汎神論。 2番目のものは、ユダヤ教・キリスト教の伝統の中ではまったく異質なものではないのかもしれない。

汎神論は、ほとんどの歴史的宗教において経験的に認められてはいるが、まだ多くの主要宗教・神学団体に受け入れられてはいない。

宗教のカテゴリーとしての汎神論

汎神論は一般的に、厳格な一神教と汎神論(「汎神論」ではない)の間の神学的・哲学的中間領域として捉えられています。 厳密な一神教では、神と世界は別であり、神は通常、完全に超越的(世界の上にあり、世界を超えている)であると見なされている。 これに対し、汎神論者にとっては、神は宇宙全体と同一視され、世界を超越するのではなく、むしろ世界の中に内在すると見なされる。 汎神論とは、神の超越的な自己同一性の側面を維持しつつ、神と宇宙の間の深い親密さの感覚を促進することによって、神の超越的性質と内在的性質のバランスをとるという哲学的衝動を反映しているように思われる。

しかし、汎神論には二つの区別されるタイプがあるように思われる。 第一のタイプによれば、宇宙は神の「一部」として神の中に含まれる。 この場合、宇宙は神と同じ存在論的基質であると考えられ、このように神は内在的である。 神の超越性については、神の一部でしかない宇宙を単純に超える存在であることを意味するとされる。 この種の汎神論は、実は部分的には汎神論であり、有神論への挑戦を生むが、それでもかなりポピュラーな存在である。 これより挑戦的でないのは、第二のタイプで、宇宙を神と同じ存在論的基質と考えず、宇宙と神を二つの異なる領域と考え、同時に、宇宙は神の中にあり、神は宇宙の中にあるとするものである。 例えばニールス・グレガーセンが挙げた汎神論3種は、第二のタイプに属し、それらは 1)世界が神の中にあることは、神の救いの恵みによる被造物の終末的完成として達成されると主張する「ソテリオロジー」汎神論、2)「神の霊は、神の外に出て神に戻ることによって世界の中で自己表現する」とするヘーゲル的「表現主義」汎神論、3)。 そして、神と世界は、互いに異なる存在でありながら、超越と内在という普遍的な二極性によって、互いに感じ合っていると考えるホワイトヘッド派の「二極」汎神論である。

宗教と哲学における汎神論的概念

古代ギリシャ

プラトンの著作は、しばしば神に帰属する内在と超越の側面が引き起こす哲学的な難問を扱っています。 プラトンは『ティマイオス』において、絶対的な永遠の神を認め、その神は変化することなく完全な形で存在し、形あるものの世界とは著しく対照的であることを示した。 この神とともに存在するのが世界魂であり、この世界魂は世界を内包し、その中のさまざまなプロセスを活性化させ、流動的な世界のものの中で最も神聖なものとして存在する。 プラトンは「世界は、他のすべての生き物がその一部である生けるものに、他の何よりもよく似ている」と主張している。 プラトン以来の汎神論者は、プラトンが神の中に二重性を感じ、それが絶対的なものと相対的なものを一体化させたと解釈しているのである。 このような神々の分離は、プラトンの後期の作品では不満だったようである。 そこで『法学』第10巻では、円運動というアナロジーを用いて、外周の変化と中心の不変の概念を組み合わせ、一つの神の働きを説明する。 神の一面は、変化の世界の中で内在的に働いている(回転する物体の円周のように)一方で、別の一面は、超越的な状態で不変に揺るがない(固定された中心のように)。 彼はこのアナロジーを補足して、こう結論付けている。 「最高に賢く、世界を監督する意思と能力を持つ神が、主要な事柄に目を向け、……小さな事柄を軽視していると考えてはならない」。

ヒンドゥー教

初期のヴェーダ・ヒンドゥー教は多神教であると考えられているが、テキストの中に汎神論の種が確認されることがある。 その一例が、『リグ・ヴェーダ』第10巻に見られるプルシャの神話です。 宇宙的存在であるプルシャは、その体から世界の万物が発生するための材料を供給するために、神々によって生け贄に捧げられる。 つまり、すべての物質の根源は、この宇宙的な自己にある。 これは汎神論的な解釈だが、より大きな神々の集団がこの宇宙人の生贄を捧げたという事実は、人類が存在する宇宙を超えた高次の神性が存在することを示唆している。 さらに、このプルシャという神的存在は、実際の物理的世界よりも前に存在しているようで、神の神性は、ある意味で、後に神が維持する世界の超越的な先取りであることを示唆している。

その後、ウパニシャッドでブラフマン(永遠、性別、全能、全知、遍在とされる最高の宇宙精神)の概念が発展すると、ヒンドゥー教の思想家の間で汎神論の観念がより頻繁に見られるようになった。 ブラフマンはすべての存在を包摂すると一般的に表現されるが、非存在の体現者とも表現される。 このような表現はいささか曖昧ではあるが、ブラフマンもまた物理的な宇宙を超越し、物理的な「存在」の領域を超えた、人間には想像もつかない領域を示していると解釈することができるだろう。 このように解釈すると、ブラフマンの概念は明らかに汎神論的になる。 ヒンドゥー教で最も人気のある宗教書『バガヴァッド・ギーター』で説かれる深い個人的な神性観も、汎神論的な要素を含んでいる。 バガヴァッド・ギーター』では、神であるクリシュナが若き戦士アルジュナの戦車を操縦して戦いに赴く中で、神の個人的で愛に満ちた要素が読者に解き明かされているのである。 この詩の中で、クリシュナは自分の天賦の才能を語るなど、汎神論を展開している。 “我の一片でこの全宇宙を貫き、支えている”。

一般にヒンドゥー教は、上記から明らかなように汎神論的でありながら、世界と神のある部分の間に汎神論的な重なりがあると言ってよいでしょう。

シーク教

シーク教は慣習的に一神教の一形態とされていますが、その神学のいくつかの側面は汎神論的と見なすことができます。 シーク教徒は、世界とは無関係に存在する1人の超越的な創造主を信じています。 しかし、この神はこの世の平面にも現れ、もっぱら存在全体を保存している。 したがって、シーク教の神概念は、汎神論的な神概念と同様に、絶対的な領域と相対的な領域の両方にまたがる。 シーク教の創始者であるグル・ナナクをはじめ、シーク教の歴史上の有名人も同じような考えをもっている。 一説によると、メッカに向かったナナクが休憩のために立ち寄った際、寝転がって足をカーバ神殿の方向に向けたという。 この行為は、アッラーへの侮辱と見なされ、すぐに叱責された。 このとき、ナナクは「どの方向に足を向ければ、神と向き合わないのか」と言ったという。 このような話は、神の存在は物理的世界のどこにでも見出されるというシーク教の考え方を補強し、神の超越性と協調して、シーク教の神学が汎神論的であるという考え方をさらに強める。

ユダヤ教

ハシド正教のユダヤ教が最初に運動として発展したとき、その神学はやや汎神論的であった。 初期のハシディズムのテキストには、神は生物を含むすべての物理的対象に浸透しているという主張を支持するものもあったようだ。 例えば、神は自然の力の中に存在するという考え方もある。 ハシディズムに反対する多くのユダヤ人伝統主義者は、これらの文章を文字通りにとらえ、この一見汎神論的な神の理解を、自分たちの宗教的信仰から逸脱したものとして考えたのである。 しかし、ハシディズムでは前述のような汎神論的な解釈は一般的ではなく、ほとんどのハシディズムのラビは、物理的な宇宙の中では、神は生気を持つ力だけで、それ以外のものはないと結論づけたのである。

キリスト教

キリスト教の主流は一神教であると考えられているが、神の汎神論的側面を強調するキリスト教グループもある。 たとえば、東方正教会では現在、世界における神の人格的な活動、すなわちハイポスタシスを表す言葉として「汎神論」という言葉を用いています。 正教会では、神は(神道のように)独立した創造者ではなく、また多くの有神論に見られるような、時折奇跡を起こす「魔術師」でもない。 その代わり、神の存在は最初の創造だけでなく、その創造のあらゆる側面が存在し続けるために必要であると考えられている。 神の存在がなくなれば、存在の全体性が失われるため、たとえ明示的に神を拒絶した存在であっても、神のエネルギーは万物を維持する。 このように、被造物全体が聖なるものとして扱われるため、被造物の性質として悪が否定されるのである。 このように、神と被造物の間に存在論的な断絶があるのはキリスト教の標準的な考え方だが、この考え方は汎神論的である。 世界は神の意志に組み込まれているが、神の本質(ウージア)ではない。 被造物は、他の汎神論体系にあるような神の「一部分」ではなく、神格はやはり被造物と区別される。 しかし、神は、存在論的なレベルではなく、関係論的、人格的なレベルで、すべての被造物の「内」におられます。 したがって、正教会の神学者たちは、万物は神の一部でありながら、神は万物の総和を超える存在であるという考えに焦点を当てた「万有神教」ではなく、万物に神が宿っていることを強調した「汎神教」としてこの言葉を分けて考えている。

現代の展開

プロセス神学は、数学者アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド(1861-1947)の著作から生まれた現代のキリスト教神学運動で、しばしば汎神論の概念を利用する。 ホワイトヘッドは、神には “原初的 “および “結果的 “な2つの性質があると主張した。 この二つの性質の中には、世界の完全な歴史と、すべての可能な未来が含まれている。 したがって、ある瞬間、ある実体は神の中に含まれていると言え、その実体の中にも神が存在していると主張できるのである。 プロセス神学者は、これを「神は宇宙を内包しているが、宇宙と同一ではない」と解釈している。 この神は人間の生活の中に内在し、明示的な力ではなく、人間の意志を説得する力を与える。 したがって、人間は神の強制に翻弄されるのではなく、依然として自由意志を持っている。 さらに、神は常に変化している宇宙を内包しているため、時間の経過とともに宇宙で起こる行為に影響され、変化しやすい存在であるとも考えられている。 しかし、神の抽象的な要素である慈悲、知恵などは不変である。 このように、神は宇宙を内包し、内在しているが、神が保持する抽象的要素は、神の究極的超越を表している。 9817>

Signance of Panentheism

汎神論は、上記の2つのタイプのいずれであっても、汎神論に関連した教義に内在する哲学的困難を解決することができると考えられている。 例えば、汎神論では、完全に内在する神という概念が、より超越的な神という概念に起因する力の感覚を緩和させるという主張がある。 汎神論では、神はもちろん内在的な世界に常に存在しているが、伝統的な有神論が持つ超越性もすべて持っている。 このように、汎神論では、これらの哲学的な問題を解決するだけでなく、有神論と汎神論の間の橋渡しをするのである。 さらに、汎神論者は、その哲学的展望が、有神論にも汎神論にもない形で、人間の自由を肯定していると感じている。 神道は世界を神と同一視する汎神論を否定し、汎神論は神から離れた個人の選択の存在を否定していると見られるが、汎神論者は自分たちの視点がすべてを包含し完全に完成した神を提供すると同時に、個人の現実と神の中で自由に選択する能力を肯定すると信じている

自由に関する汎神論概念は悪の問題を扱う独特の方法を導き出すものである。 神道が悪を世界にのみ帰属させ、汎神論が世界の悪を神の悪とする傾向があるのに対し、汎神論は、世界の自由によって起こる悪は神の本質に影響を与えないが、神はそれを深く感じ、経験することができるとする中間の立場をとる。

汎神論は有神論と汎神論の間の哲学的ギャップを埋めるが、主要な宗教団体や神学団体にはあまり受け入れられず、小さな宗派や個人の哲学の中に留まっている。 これはおそらく、汎神論が非常に抽象的であることに起因する。 しかし、ある神が完全な力を持ちながら、この世の存在に深く入り込んでいると表現される場合、ほぼすべての宗教体系に汎神論的な要素が含まれる。 このような超越性と内在性の対は、オランダの改革派神学者ヘンドリクス・ベルクホフの「神の両面性」、プロセス神学では「双極神論」としてより明確に言及されている。 とはいえ、現代の神学者や宗教哲学者の間では、特に第二のタイプの汎神論が、神の本質に関する他の信仰との困難を調整するための受け入れ可能な手段として、勢いを増していることに留意する必要がある。

See Also

  • 神論
  • 汎神論
  • 神論
  • 一神教
  • Henotheismプロセス神学
  • アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド

ノート

  1. グローバルワンネスコミットメントのこと。 “汎神論 “に関連する概念。” 2008年7月11日取得。
  2. Neils H. Gregersen, “Three Varieties of Panentheism,” In Whom We Live and Move and Have Our Being: 科学的世界における神の存在に関する汎神論的考察」(編著), 東京大学出版会, pp. Philip Clayton and Arthur Peacocke (Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Co., 2004), 19-35.を参照。
  3. Plato, Timaeus, trans. Donald J. Zeyl (Indianapolis: Hackett Publishing Company, 2000), 31.
  4. プラトン『律法学』(訳書)。 Trevor J. Saunders (トロント: Penguin Publishers, 1970), 436.
  5. 『リグ・ヴェーダ』第10巻、讃歌XC。 2008年7月8日取得。
  6. 『バガヴァッド・ギーター』10.42。 2008年6月27日閲覧。
  7. アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド. 過程と現実』(訂正版)、ed. デイヴィッド・レイ・グリフィン、ドナルド・W・シャーバーン。 (New York: Free Press, 1979)
  8. David Ray Griffin, “全知全能主義: 1565>
  9. David Ray Griffin, “A Postmodern Revelation,” In Whom We Live and Move and Have Our Being,” In Whom We Live and Move and Have Our Being: 科学的世界における神の存在に関する汎神論的考察」(Ed. Panentheistic Reflections on God’s Presence in a Scientific World). Philip Clayton and Arthur Peacocke (Grand Rapids: William B. Eerdsman Publishing Co., 2004), 46.
  10. ヘンドリクス・ベルクホフ。 キリスト教信仰: 邦訳:『キリスト教信仰:信仰研究序説』改訂版、訳書。 Sierd Woudstra (Grand Rapids, MI: William B. Eerdmans Publishing Co., 1986), 114.
  11. ジョン・B・コブ・ジュニア、デヴィッド・レイ・グリフィン。 プロセス神学: 入門的解説. (Westminster John Knox Press, 1977), 47.
  • Anderson, C. Alan, and Whitehouse, Deborah G. New Thought.(『新思想』)。 実践的アメリカン・スピリチュアリティ. New York: クロスロード・パブリッシング・カンパニー、1995年。 ISBN 0824514807
  • Berkhof, Hendrikus. キリスト教の信仰: キリスト教信仰:信仰の研究への入門. 改訂版. シエルド・ワウドストラ訳. ミシガン州グランドラピッズ: ウィリアム・B・エアドマンス出版社, 1986. ISBN 0802836224
  • Bolle, Kees W. The Bhagavadgita: 新訳. ロサンゼルス。 カリフォルニア大学出版会, 1979.
  • Brierly, Michael. “静かなる革命の命名: 現代神学における汎神論的転回”. In Whom We Live and Move and Have Our Being: フィリップ・クレイトン、アーサー・ピーコック編『科学的世界における神の存在に関する汎神論的考察』1-18. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Co., 2004. ISBN 0802809782
  • Cobb, Jr., John B., and David Ray Griffin. プロセス神学: プロセス神学:入門的解説. ウェストミンスター・ジョンノックス・プレス, 1977. ISBN 0664247431
  • Gregersen, Neils H. “Three Varieties of Panentheism”(汎神論の三つのバリエーション). In Whom We Live and Move and Have Our Being: Philip Clayton and Arthur Peacocke 編『科学的世界における神の存在に関する汎神論的考察』19-35. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Co., 2004. ISBN 0802809782
  • Griffin, David Ray. “Panentheism: ポストモダンの啓示”. In Whom We Live and Move and Have Our Being: Philip Clayton, Arthur Peacocke編『科学的世界における神の存在に関する汎神論的考察』36-47. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Co., 2004. ISBN 0802809782
  • Nesteruk, Alexei V. “The Universe as Hypostatic Inherence in the Logos of God” (『神のロゴス』におけるヒポスタティックの内在としての宇宙): 東方正教会から見た汎神論”. われわれは誰の中で生き、動き、存在するのか。 汎神論的考察:科学的世界における神の存在」(フィリップ・クレイトン、アーサー・ピーコック編)169-83. Grand Rapids: William B. Eerdmans Publishing Co., 2004. ISBN 0802809782
  • プラトン. 法学』. トレバー・J・サンダース訳. Toronto: ペンギン・パブリッシャーズ, 1970. ISBN 0140442227
  • プラトン. ティマイオス. ドナルド・J・ゼイル訳. インディアナポリス: ハケット出版社, 2000. ISBN 0872204464
  • Rohi, Rajinder Kaur. セム語一神教とシーク語一神教: 比較研究. インド、パティアラ。 パンジャビ大学出版局, 1999. ISBN 8173805504
  • Whitehead, Alfred North. 過程と現実. デイヴィッド・レイ・グリフィン、ドナルド・W・シャーバーン編著. New York: フリープレス, 1979. ISBN 0029345707

すべてのリンクは2019年1月12日に検索しました。

  • The Panentheist.

Credits

新世界百科事典のライターとエディターは、新世界百科事典基準に沿ってウィキの記事をリライトして完成させました。 この記事はクリエイティブ・コモンズ CC-by-sa 3.0 ライセンス (CC-by-sa) の条項に従っており、適切な帰属表示があれば使用・普及することができます。 新世界百科事典の寄稿者とウィキメディア財団の無私のボランティア寄稿者の両方を参照することができるこのライセンスの条項のもとで、クレジットが与えられます。 この記事を引用するには、許容される引用形式の一覧のためにここをクリックしてください。ウィキペディアンによる以前の投稿の履歴は、ここからアクセスできます:

  • Panentheism history

新世界百科事典に取り込まれてからのこの記事の履歴:

  • 「汎神論」の歴史

注:別途ライセンスのある個々の画像の使用には制限があります

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。