Site Overlay

眼窩周囲のクマに対する3つの治療法

眼窩周囲のクマの治療法としてカルボキシ療法、ケミカルピーリング、ビタミンCメソセラピーを比較した研究者らは、3つとも効果的に色素沈着を軽減したが、メソセラピーはアウトカムと患者の満足度でわずかに優位であると、美容皮膚科学会誌に2019年2月に発表された研究結果に述べています。

研究者らは、エジプト・カイロの外来皮膚科クリニックで、眼窩周囲の色素沈着を持つ女性患者45人を調査した。 彼らは患者(各グループ15人)を受けた治療法によってグループ分けし、グループAはカルボキシ療法を、グループBは乳酸15%とトリクロロ酢酸3.75%を組み合わせたケミカルピーリングを、グループCはビタミンCメソセラピーを受けた。

カルボキシ療法は、上下のまぶたに週1回5週間にわたってCO2を皮内・皮下注入したものだった。 Bグループのケミカルピーリング治療では、ダメージを制御した後に皮膚組織の再生が行われました。 グループCでは、アスコルビン酸、水、EDTA二ナトリウムを含むアンプルからビタミンCを抽出したメソセラピーを15人の患者に行った。 両下まぶたに約10mLを表皮内に注入し、1週間間隔で5回、メソセラピーを繰り返したとのこと。 しかし、公表された研究表によると、結果にわずかな差がありました。 例えば、カルボキシ群では3人が改善なし、0人が優れた満足度を報告したのに対し、メソセラピー群では45人中1人だけが改善なし、5人が優れた満足度を報告しました。 メソセラピー群の患者はまた、治療による全体的な改善を報告する傾向が最も強かった。

治療による合併症は3群で同様であった。 カルボキシセラピー群の患者さんは、痛み、浮腫、血腫を報告する傾向が強かった。 クマに対してケミカルピーリング療法を受けた患者は、かゆみ、紅斑、乾燥などの最小限の副作用を報告した。 そして、メソセラピー群の患者さんは、より頻繁に灼熱感を訴えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。