Site Overlay

詩編37編

旧約聖書ではしばしば「なぜ悪人が栄え、善人が苦しむのか」という問いとして表現される悪の問題に対する応答である。 アメリカのカトリック教会で出版されている『ニュー・アメリカン・バイブル 改訂版』では、この詩篇は、この状況は一時的なものだと答えている。 神はこの地上で善人に報い、悪人を罰するという逆転現象を起こされる。 この解釈は、プロテスタントでも同じである。 マシュー・ヘンリーは、神を信じる者とそうでない者の状態によって、ダビデが忍耐と神への信頼を呼びかけたと呼んでいる。 チャールズ・スポルジョンは「悪人の繁栄と正しい者の苦悩に関する偉大な謎」と呼んでいる。

これはアクロスティックとして書かれ、個別のセクションに分けられている。

この詩篇はまた、迫害された者が神殿に避難する、あるいは比喩的に神に避難する祈りとして理解されてきた。

この詩篇は、神を敬う者を、神の正義によって祝福し、悪人の罠から守ってくださいという懇願で結ばれている。 その前の詩篇25:13では、金持ちが土地を受け継ぐと言われています。 アルバート・バーンズも、詩篇37:2と10で悪人が切り捨てられたことを、詩篇73:27で悪人が切り捨てられたことと比較しています。

また、詩篇37:2, 10では、悪人が切り捨てられたことを、詩篇73:27と比較しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。