Site Overlay

長い長い昔の夢を紡ぐ。 紡錘と紡錘車

Lorain County Historical Societyのメンバーが亜麻紡錘車(左)と歩行車(右)の使用法を実演(1889年)。

文明が出現するずっと以前から、人間は棒を使って繊維を紡いで長い繊維にし、それをロープにねじったり、布やネットに編んだり、織ったりしていました。 亜麻、羊毛、綿などを棒に固定し、手からぶら下げて紡いだ。

紡ぎ車の隣に座るフラザー夫人(Ohio Memory 経由)。 オハイオ州メモリーには、紡績に使われてきた道具の画像が多数あり、現在市販されているものと同様の道具があります。 そのひとつがドロップスピンドルです。 ドロップスピンドルは、紡績に使われた最も古い道具で、軸となる棒のようなものと、撚りをかけるために必要な連続紡績を助ける錘(ホウル)で作られている。 紡錘は上部にある場合と下部にある場合があり、また上部に繊維を固定するためのフックがある場合もある。 このドロップスピンドルは、ゾア社で作られたもので、おそらく底紡錘であろう。 車輪は日進月歩だが、紡錘は年輪のように早い」と言われるほど、ドロップスピンドルは携帯性に優れ、現在でも紡績家に愛用されている。 言い換えれば、車輪の前に座っている方が早く繊維を紡ぐことができますが、車輪は座っている間しか使用できませんが、スピンドルの中には歩きながら、車に乗りながら…とにかくどこでもスピンドルを使う人がいます。 絹や植物繊維のような滑りやすい繊維には、支えられたスピンドルの方が良い場合があります。 繊維は、上部にあるリーダー(糸の切れ端)に取り付けられ、残りの繊維は紡ぎ手が持っていました。 リーダーは、ドラフトされた新しい繊維を掴んで撚りながら、糸やヤーンに紡いでいくのである。 これはドロップスピンドルと似たような方法ですが、ドロップスピンドルは文字通り紡績者の手から「ドロップ」するので、繊維の保持力に依存するのに対し、サポートスピンドルはドロップしないので、ドロップスピンドルのように繊維をつかむ特性は必要ありません

紡績といえば、車輪が頭に浮かぶ方がほとんどでしょう。 紡績といえば車輪を思い浮かべる人が多いだろうが、これは新しい発明で、紀元前500年から1000年頃、アジアで生まれたとされている。 アーリーアメリカンライフ誌(2009年6月号)によると、「紀元500年から1000年の間に、おそらくインドで、誰かがスピンドルを横にして回し、重りや渦を滑車の形にし、それをバンドで駆動輪につないだ」とある。 確かに、紡ぎ車にはこの3つの部品が必要だ。紡錘と駆動輪を滑車でつないだものである。

オハイオ州センタービルのナット家が使用していた歩く紡ぎ車。

大車輪としても知られる歩行車輪は、織物や編み物のために羊毛を紡ぐために設計されました。 センターヴィル・ワシントン・タウンシップ歴史協会にある左の車輪は、駆動バンドがありませんが、紐、革、糸などの紐が車輪の周りを回り、この写真では右側にあるスピンドルに接続されていると想像してください。 紡績作業者は座るのではなく、立って作業する。 以前の紡績機械と同様、繊維はリーダーを介してスピンドルに供給され、残りの繊維は紡績者が手に持っています。 紡ぎ車は手動で回転し、紡ぎ手は繊維(一般的には羊毛)を引き戻し、新しい繊維を紡錘に撚りをかけて送り込みます。 このドラフト、つまり繊維を引き出して撚りをかける方法を「ロングドロー」と呼び、空気とロフトを加え、暖かい糸を作り出します。 必要に応じて、紡ぎ手は羊毛を引き抜くときに紡ぎ車から歩いて戻るので、「ウォーキングホイール」と呼ばれています。

亜麻ホイール(踏み車)は多用途で、すべての紡績材料に使用することができます。 この車輪も他の車輪と同じように、駆動輪、滑車、紡錘を使用して作動する。 しかし、駆動輪は1本または2本の足踏みで操作する。 Ohio History Connectionに掲載されているこの亜麻ホイールは、踏み板が1つだが、歩行車と全く異なるのはそれだけではない。 スピンドルを支える「マザー・オブ・オール」と呼ばれる部品、スピンドルの上に取り付けるボビン、紡いだ糸をボビンに巻き付けるフライヤー、そしてこの写真ではリネンになる予定の紡がれていない亜麻を抱えているディスタフ(籾殻)が付いている。 ちなみに、ディズニーの「眠れる森の美女」では、オーロラが紡錘に指をかけたというが、映画で実際に触れているのは「紡錘」である。 紡錘の先端は絶対に鋭利になりうるが、紡ぎ棒は絶対にそうではない!

前述のEarly American Life号には、「南北戦争以前、アメリカのほぼ半数の家庭には紡ぎ棒があった」と書かれています。 伝統的な紡ぎ手・織り手であるクレイグ・エヴァンスの言葉を引用して、この雑誌は、”この時代の家庭の目録は、確かに両方のタイプの車輪があったことを示しています “と述べています。 国内の織物生産のピークはこの時期で、1812年戦争で実施された貿易禁止令が原因である可能性が高い。

1846年10月27日、オハイオ州立ジャーナル紙は、紡ぎ車と家庭でのその位置づけについて、楽しい記事を掲載しました。

保護された隅で、背もたれの高い肘掛け椅子に座り、愛されて崇拝されている祖母は、その穏やかな表情に人間の感情の痕跡は見えず、彼女の前には音楽の楽器があり、それは今でも、私たちの反逆の耳にはエラルドの最高のハープの一つよりも甘く感じられる。 そのゆったりとした単調な音は、家庭内の会話にふさわしい伴奏となり、親愛なる音楽家は、過ぎ行く出来事に対する賢明で明るいコメントや、過去のさまざまな思い出を語り、まさにその生命と魂であった。 若い読者は、私たちが聴いていた楽器の名前を知りたいと思うだろうか。

紡ぎ車は、昔ほどではありませんが、衣服の組み立てに大きな役割を果たすことを望む工芸家により、今でも広く使用されています。 機能的なアンティーク紡ぎ車は紡ぎ手にとって宝物であり、新しい紡ぎ車はすぐに家宝になります。 ドロップスピンドルを使っている人を見かけることは稀ですが、決して珍しいことではありません。 今度、紡いでいる人を見かけたら、質問をしてみてください。 紡ぎ手は、紡ぐことの楽しさを他の人と分かち合うことを楽しんでいます。 自分もやってみようと思うかもしれません。

今週の記事を書いてくださった、オハイオ州立図書館のデジタル・イニシアチブ・ライブラリアン、Shannon Kupferさんに感謝します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。