Site Overlay

陸上と沖合の釣りの違いは何ですか?

外洋で行われるすべての釣りは、陸上と沖合のどちらかに分類されます。

釣り場の水深の違いだけでなく、水深の違いによって、陸上と海上ではまったく異なる体験ができるのです。

場所と水深

前述のように、釣りが陸上から沖合に変わる境界線は、水深がどのくらいか、特に30メートル以上か以下か、です。 それ以上浅いと沿岸、それ以上深いと沖合とみなされます。 30メートルという数字に特別な意味はありませんが、陸上と沖合の釣りの主な違いが明らかになる、おおよそのターニングポイントとなるものです。

水深はもちろん海岸のどの部分にいるかによって異なりますが、一般的には沖合数海里以上はオフショアの領域に入ってきます。 小型のボートやランナバウト、カヌーやカヤックも適しています。 また、水深が浅いため、釣りのコンディションも管理しやすく、大がかりな準備をして沖に出るよりも、手早く釣りをすることができます。

カヤックでの陸上釣行は、沖合や海へ向かうよりも、ゆったりとしたスローペースなオプションになり得ます。 例えば、クイントレックス イエローフィン 7600 サウザー・ハードトップのような大型のフィッシングボートは、深海の厳しい船旅に対応することができます。 何キロも沖に出るのであれば、ボートはその結果生じる荒れたコンディションに対応する必要があるのです。 さらに、オフショアフィッシングでは、目的地に到着するまでに何時間もかかることがあります。

Weather concerns

It’s wise to check the weather every time you’re fishing on open waters, how close to the shore you are.

It’s wise to check the weather every time you are on open waters, how close to the shore you are.それは、どんなに岸から近い場所にいても、毎回天気をチェックすることが賢明である。 とはいえ、沖合で釣りをしているときは、十分に注意を払い、危険な出来事が起こるかもしれないことをチェックすることがより重要になります。 陸上釣りでは、予期せぬ嵐がやってきても、数分で安全な場所にたどり着けることが多い。 また、危険な状況になっても、すぐに戻ってこられる。

使用機材

深海のオフショアフィッシングでは、使用する機材の種類にも違いが出てきます。 深海では、魚が分散し、水面から遠くなる可能性があるため、魚群探知機などの電子機器がますます必要になってきます。 また、オフショアフィッシングで必要な安全装備も異なります。 例えば、2海里以上の沖合では、EPIRBと船舶無線を搭載することが法律で義務付けられています。

使用するルアーやタックルの種類も違ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。