Site Overlay

雷のエネルギーを利用できないか?

1本の稲妻には50億ジュールのエネルギーが含まれており、これは家庭で1ヶ月間使用できる電力量に相当します。 雷雨のエネルギーは、原爆のエネルギーに匹敵します。 汚染され、制限のある化石燃料から脱却するために、海流のような予期せぬ源からすでに発電しているなら、なぜ空気から電気を引き出さないのか、特に夜空を照らす電気を誰もが見ることができるのに、と考えている人は、あなたが最初ではありません。 2007年、Alternative Energy Holdingsという会社が、タワー、アース線、コンデンサーを含む設計で、それを実現しようとしました。 しかし、CEO の Donald Gillispie は New York Times 紙に次のように語りました。 これは黒魔術ではなく、まさに数学と科学であり、実現できるかもしれません。

これを成功させるには、ロジスティックな問題が大きく関わってきます。 まず、雷雨は散発的であり、落雷は無作為であるという基本的な事実があります。エネルギー需要が安定していることを考えると、信頼できるエネルギー源が望ましいです。

次に、一瞬のうちに巨大な爆発で届けられるエネルギーを捕らえることは、それほど簡単ではありません。 一度の大爆発で収集システムを吹き飛ばすことなく、貯蔵して交流に変換しなければならないのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。