Site Overlay

顧客と消費者とクライアントの違い

「クライアント」「顧客」「消費者」という言葉は、しばしば互いに混同されて使われます。

多くの企業は、3つの違いを知らないし、実際に知る必要もないのですが、もしあなたが起業して、ビジネスのゴールと成長を決定しなければならない場合は、その違いを知っていると役に立つでしょう。

まずは3つのタイプの定義から。

  • 個人的な使用のために商品やサービスを購入する人、または
  • 何かを食べたり使用する人または物

顧客は。

  • お店や会社から商品やサービスを買う人

お客さんとは

  • 弁護士などの専門家や企業のサービスを利用する人や組織、または
  • 社会サービスや医療サービスで対応する人

では、それぞれのタイプの概念は何でしょうか。

「顧客」は、サービス、ソリューション、アドバイスなどの購入だけでなく、長年の関係を意味します。

(例)マーケティング会社、弁護士、スパ、ヘルスケアなどです。

通常、顧客関係はより深く、より多くの関与を必要とし、より収益性が高い。

顧客

「顧客」は、食料品店、レストラン、電気通信サービスなどから何かを購入するなど、1回限りの販売を示唆しています。

通常、固定価格で商品/製品を購入するという経済的な交換にのみ焦点が当てられています。

Consumers

消費者は通常、エンドユーザー、つまり製品やサービスを実際に使用する人として考えられています。

店頭でパンパースを購入する母親は顧客ですが、彼女の赤ちゃん(製品を使用する人)は消費者です。

消費者はより非人間的で、しばしば技術製品やサービスの使用(有料か無料か)を指すことがあります。

At the End of the Day

ビジネス関係は、ラベルではなく、相互の尊敬と利益によって発展する:

「常に顧客のように扱い、彼らと長期的な関係を築く限り、あなたが顧客をカスタマーと呼んでも本当に問題はない」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。