Site Overlay

魚竜の大きさ・重さ

Ichthyosaur Size / Weight

Ichthyosaur Size / Weight

A mirror of some content of RyosukeMotani’s sexcellent webpage on Ichthyosaurs
in memorial of Australia’s Ichthyosaur hunters Mary Wade 1928-2005

3. 魚竜の大きさ
3-1. 体長
15mを超えるShonisaurus popularisとおそらくHimalayasaurus tibetensis(ともに三畳紀後期)が記載されている最大の魚竜であるが、もっと大きい未記載標本も存在する。 最小の魚竜はチャオサウルス・ゲイシャネンシス(三畳紀前期、上図)で、おそらく70cmにも満たなかったと思われる。

3-2. 体重
絶滅動物の体重を推定するのは簡単なことではない。 通常、多くの仮定と大きな誤差を伴います。 もし、有効数字が3桁以上ある数字(例えば、1234kg)を見かけたら、その数字の妥当性を疑うに足る十分な理由がある。 良心のある科学者なら、同じ推定値でも1230kg(または1.23E3)とか1200kg(または1.2E3)のように、おそらく誤差を含んだ値を出すだろう。
魚竜の体重はどれくらいですかという質問がとても多かったです。 学校のプロジェクトでこのような値が求められるのでしょう。 そこで、私がPaleoMassというコンピュータプログラムを使って計算した魚竜の重さの推定値を紹介します。

17.1-17.5

フォーク長(m) 重量(kg)
Stenopterygius sp. 0.450 0.900-0.924
Stenopterygius sp. 1.19
Stenopterygius sp. 2.40 163-168
Ophthalmosaurus icenicus 4.0 930-950

大型の魚竜はもっと重かったはずだが、全骨格が少ないので推定が困難である。 ICHTHYOSAURS INTRODUCTION FOREFIN EYES VERTEBRAE SIZE DIETS SWIMMING DIVING PHYLOGENY MARY WADE LITERATURE COPYRIGHTS back to Earth Science Australia…
トップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。