Site Overlay

Animal Infanticideボツワナ野生動物の行動

© Predators kill each other young to reduce the competition for food

野生動物の行動の多くの部分は、艶っぽいパンフレットのアフリカの美しいサファリと合わないが、特に動物の嬰児殺が陰惨である。

By Leigh Kemp

私たちは光沢のある出版物で、動物の群れが広い平原を歩き回り、ヒョウが張り出した木の枝を悠然と横切っているというアフリカのポストカードイメージを見せられることがほとんどだが、アフリカには、私たちの発達した理想にとって不快な面がたくさんある。

子供を殺す

Mombo journals: イボイノシシの小さな子豚が地面にバラバラに散らばっており、証拠から判断すると、それは大人のイボイノシシによって殺されたもので、大きなオスが死骸を食べているのを見たスタッフのメンバーによってその説は確認された。 その日のうちにこの子豚はいなくなり、おそらく母親によって発見されたのだろう。 しかし、なぜ別のイボイノシシが小さな子豚を殺して半分食べてしまうのだろうか。

野生における嬰児殺し

動物の嬰児殺しとは、同じ種族のメンバーが子供を殺すことである。 プライドを引き継いだ雄ライオンは、プライド内のすべての幼い子を殺すことが多いが、それらを食べることはめったにない。 この殺生は、雌が再び発情し、自分の血統が始まるようにするためである。

ハイエナの場合、同性の子グマは生まれた直後から戦いになる。 これは、強い方がもう一頭の乳を吸うのを妨げ、弱い方を死なせることになる。

ワシのヒナも同様の戦術で、強いヒナが最終的に兄弟を殺すか巣から追い出し、それによって競争を制限している。 ヒヒは深刻な干ばつの時に幼い赤ん坊を食べることが記録されている。

これについては、ヒヒが赤ん坊を殺すことによって限られた食料源を守り、それによって母親が幼い赤ん坊を養う必要がないようにしているという説明と、ヒヒが赤ん坊を食料源として見ているという二つの説明が有力である。

他の動物の子供を殺して食べている事件を考慮すると後者の説明が最も可能性が高いようである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。