Site Overlay

How to get Yosemite .dmg file to upgrade from Snow Leopard

Yosemite 用の USB を MBR または GUID でパーティションしましたか。
Yosemite インストーラーを作成したら、そのドライブはどのようにして起動可能にしたか。 Clover をインストールしましたか。 特定の kexts ?

私は USB を GUID でパーティションしています。 Chimera(ここのダウンロードから、バージョン4.1.0)をインストールして、起動できるようにしました。 FakeSMC以外のkextsは必要ありませんでした。 Chimera を使用すると、ネットワークカードも動作しました。
一度、Chimera を使用してディスクからブートしてドライブを起動した後、メインドライブに Clover をインストールして遊んでいる間に、まだ動作するバージョンで起動できるように、セカンドドライブに Yosemite をもう 1 つインストールしました。 クローバーを使うときは、FakeSMC、ネットワークドライバkext、オーディオkext、電源管理kextなど、さらに多くのkextを使わなければなりませんでした。 Cloverは私にとって大きな学習曲線でした。 Clover Configuratorで変更し(最初はレガシーバージョンから始めました)、設定ファイルをテキストエディタでチェックして、コードそのものを理解できるようにし、後で手動で設定したいときに役立ちました。 Cloverをインストールした私のOSは素のVanillaだったので、ダウンロードしたバージョンアプリから本物のMacのようにアップデートし始めました。
ある時点で、私は Clover を EFI パーティションに移動しました (インストールする前に MBR としてフォーマットしなければなりませんでした。Clover のオプションの説明を読んで、その方法をググる必要がありましたが、役に立ちました)。 DSDT なしで El Capitan を動作させるために Multibeast を使用しました (私の BIOS バージョンでは、あらかじめ用意されているものはありません)。
El Capitan からのアップグレードでは、さらに kexts とカーネルパッチが必要でした。 幸運にも、私のマザーボードを使用している人が、私のボードに固有のカーネル パッチを含むクローバー設定を共有している投稿を見つけることができました。
Sierra または High Sierra (すみません、今はどちらか忘れました) のインストールに高いハードウェア ID を取得しなければならなかったとき、私は以前のどの OS バージョンでも AppleID に署名しなかったので、ハードウェア タイプを変更して新しいシリアル番号を取得して合わせることはそれほど難しくなかったので、満足しています。 kext の変更が再びあり、古い Nvidia グラフィック カードはそのままでは動作しなかったので、私が持っていた新しい Nvidia カードに移行しました。 High Sierra が同じバージョンにメジャー アップデートしたときに Benjamin Dobell スクリプトを使用しましたが、最新のドライバーは再びインストールされませんでした。 スクリプトは実際に変更が必要であることを知っていて、「そうしてほしいか? もちろんです。そして、それは素晴らしい働きをしました(Nvidia Driver Manager自体よりも優れています)。私は、Cudaドライバが「新しい」バージョンでは動作しないと言われたときに「更新」し、ただ最新のCudaドライバを再インストールし、それは受け入れられました。 NvidiaカードはMojaveでサポートされておらず、この古いマシンにこれ以上お金をかけたくないので、High Sierraで我慢しています。 また、私のサウンドは High Sierra ではサポートされておらず、USB サウンド システムには投資していませんが、私は重度の難聴で、すべての映画には字幕が付いているので、私個人としては、何も見逃していないのですが、YMMV.
ブート オプション。 Nvidia グラフィック カードでは、ディスクリート カードであることを示すために PCIRootUID=1 を常に使用しなければならず、さもなければ起動しませんでした。 GT520ではGraphicsEnabler=Yesを使用しました。 vオプション、verbose(not graphic)を使ってのインストールは、まだ多くの忍耐を必要とし、何度もハングしたと思いましたが、いいえ、私があきらめようと思ったちょうどその時に、先に進みました。 can’t find kernelのエラーが出たときは、/System/Library/Kernels/Kernel bootオプションを使いました。 再起動がめちゃくちゃになったので、クローバーで「ハードディスクからOS Xをインストール」が表示されたら、そのハードディスクにインストーラをインストールするという選択肢がなくなるまで、そのハードディスクで起動し直しました。 一度か二度、-x -fを使ってインストールを実行しなければならなかったこともありました。 次のOSをインストールして動作させるたびに、2番目のドライブを所定の位置にアップデートし、もう一方のドライブを消去して再インストールしなければならないことが何度かあったので、それが必要でした。 Catalinaが動いている本物のMacも持っていますが、同じ箱の中で変更でき、アプリのインストーラーを実行させることができるように下位バージョンを持っていることは役に立ちました。 MacのEFIパーティションを編集するために、Windowsドライブを一度接続する必要がありました。リカバリパーティションとWindowsデータドライブを表示しないようにしたいだけなのに、誤ってCloverにすべてのOS Xエントリを隠すように言ってしまったからです(おっと)。 それ以外は、Windowsの起動ドライブとデータドライブを常に抜いておいたので、なんとか消去することはできませんでした。 CloverはWindowsの起動ドライブを簡単にピックアップしてくれて、Cloverのディスクから先に起動するように設定すれば、Win10とHigh Sierraを別のドライブでデュアルブートできるようになりました。 また、5 秒間何も操作しないと High Sierra が自動的に起動するように設定したので、代わりに Windows を起動したい場合はスペースバーか矢印キーを押してください。
必要ならバックアップ用の再インストール用に High Sierra USB 起動ディスクも作りました。 この作業に取り掛かると、どこかで何らかのトラブルに遭遇することが予想されます。 P7P55D Pro ボードと Nvidia グラフィックカード用の Clover Config のコピーを添付しておきます。 コメントアウトされている箇所は、コメントマーク<– –>を削除して、再び有効にしてください)に自分の識別情報を入れる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。