Site Overlay

Itineraries

  • 3 weeks

韓国で最も緑豊かで工業化の進んでいない地域を巡る850kmのルートは、数多くの田舎の島に立ち寄り、無数のシーフードレストランで食事をして、芸術的伝統に深く触れることができます。 また、伝統的な米料理であるビビンバの発祥地であり、乳白色の米酒マッコリを楽しむことができる場所でもあります。 また、茂霞山道立公園内にある6世紀の錦山寺(クムサンサ)を訪れる際には、ここを拠点にするとよいでしょう。 馬耳東風で知られる馬山(メサン)州立公園には、タプサ寺があり、仏教の神秘主義者が積み上げた石塔の彫刻庭園を見ることができます。 また、美しい徳裕山国立公園では、ハイキングやスキーを楽しむことができます。

工業港である群山は、日本統治時代の建築物が最も多く残っている。 60の無人島からなる仙遊島(ソニュド)は、フェリーに乗ってのんびりとした時間を過ごすことができます。

青銅や鉄器時代の墓が緑豊かな丘に点在する小さな村、コチャン(Kochang)では、15世紀に建てられた蔦で覆われたモヤン城を探索することができます。 また、潭陽(Damyang)には竹綠苑(Juknokwon)という竹林の中の砂の小道があり、日帰りで散策することができます。 木浦港に移動して、道海海山国立公園の碧山洞と洪島へ向かう船に乗ります。

江津では韓国の何世紀にもわたる陶器の伝統を賞賛し、美しい宝城大漢大淵茶園では健康に良い緑茶で作った食べ物や飲み物を試します。

ラムサール条約に登録された順天湾の湿地でバードウォッチングをした後、2012年万博の会場となった麗水へ向かい、竹とツバキで覆われた小さな島、梧桐島でその道を歩き回ります。 このコースは韓国第二の都市、釜山にゴールします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。