Site Overlay

Life after transplant for acute myeloid leukaemia (AML)

徐々に体重が増え、強くなっていくのが分かります。 しかし、骨髄移植や幹細胞移植のような集中治療を乗り越えるには長い時間がかかります。 一度や二度、入院することは珍しくありません。 そして、回復に向かっていると実感できるまで、1年かかるかもしれません。

血小板輸血や輸血が必要なくなるまで、中心静脈注射をしています。 おそらく病院で治療が必要な感染症に少なくとも一度はかかるでしょう。 生活のいくつかの分野で正常に戻るには時間がかかります。

飲食

最初の数ヶ月は、感染症のリスクを減らすために、食事は控えましょう。

  • 調理したてのものだけを食べる
  • 加熱不足の卵を避ける
  • ソフトチーズやブルーチーズを避ける
  • クリーム系のケーキやプリンを避ける
    • 加熱したままの食品を避ける。
    • サラダや果物をよく洗う
    • 持ち帰りやファーストフード店を避ける

    推奨量以上のアルコールは飲まないようにしましょう。 アルコールの摂りすぎは、骨髄の回復を遅らせる可能性があります。 アルコールが服用している薬に影響を与えるかどうか、医師に尋ねてください。

    一般に、政府のガイドラインでは、次のように推奨されています。

    • アルコールは1週間に14単位まで
    • この量を飲む場合は、少なくとも3日に分けて飲む
    • 飲酒量を減らすために、1週間のうち何日かはアルコールなしの日を設ける

    社会生活

    感染症のリスクを減らすために避けるべきことは、以下の通りです。

    • 映画館や公共交通機関などの混雑した場所
    • 水痘や麻疹などの感染症にかかったことのある人

    白血球が十分に回復すれば、ほぼどこにでも行けるようになります。 この場合、大体3~6ヶ月かかりますが、念のため医師や看護師に確認してください。

    学校、大学、会社

    白血球のレベルがほぼ正常になるまで、通常の日常生活に戻ることはできません。 体力がある程度回復するまでは、パートタイムで始めるとよいでしょう。 勤務先や先生、家庭教師に相談してみてください。

    また、あなたの病気や治療について、同僚に話してほしいかどうかも考えておくとよいでしょう。

    スポーツと運動

    運動は体力を回復させるのに役立ちます。 しかし、血小板の値がまだ低いうちは、ノックを受けることに気をつけなければなりません。 ウォーキングのようなやさしいものを選びましょう。 白血球の値が正常になれば、水泳もできます。

    血球の値がすべて正常になれば、好きなことを何でもできます。

    休暇と旅行

    海外へ行く

    海外へ行きたい場合は、医師に相談してください。 何か問題があったときのために、行く先の近くの治療センターと連絡を取り、あなたがその地域にいることを知らせておくとよいでしょう。 血小板が少ないと飛行機で旅行できません。

    最初の1年後は、好きなところに行けます。 しかし、いくつかの予防接種を受けることは避けなければなりません。

    外出するときは、必ず医師の診断書を持参するとよいでしょう。

    旅行保険

    まず、旅行保険を手配するのは難しいでしょう。 荷物の紛失、遅延、ツアー会社によるキャンセルなどは、ほとんどの会社が補償してくれます。 しかし、海外での治療費については、まず補償しようとしないでしょう。 また、旅行のキャンセルをカバーする保険も提供したがらないでしょう。

    保険会社が保険加入に同意した場合、ほとんどの場合、担当医から旅行適性についてのレターを要求されます。

    性生活

    移植によって、通常の性生活ができなくなるわけではありません。 しかし、しばらくの間、性欲が低下することがあるかもしれません。 これは次のようなことが原因かもしれません。

    • 治療
    • 体力や気力がない
    • 将来について心配
    • 生殖能力を失うことに動揺する
    • 移植が最初に引き起こす外見の変化(例:
    • 移植後の自信がない。 脱毛)
    • 性的ホルモンレベルの変化

    これらの影響の中には、慣れるまでに時間がかかるものと、自然によくなるものがあります。 例えば、髪の毛が伸びたり、体重が増えたりします。

    回復のための時間を確保することが大切です。 また、パートナーがいる場合は、パートナーにお互いの気持ちを話し続けることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。