Site Overlay

Missions and Volunteer Work

Faith in Practice Mission Trip – Antigua, Guatemala

Faith in Practice

Faith In Practiceは非営利団体です。 グアテマラの貧しい人々の身体的、精神的、経済的状況を改善するために、外科、内科、歯科の短期ミッション旅行と健康関連の教育プログラムを行っているエキュメニカルなキリスト教団体です。

グアテマラの人口の大半は極度の貧困の中で生活しており、事実上医療を受けることができません。 グアテマラには、人口約1500万人に対して、病院が9つしかありません。 フェイス・イン・プラクティスは毎年、約40人のボランティアからなる複数のチームをグアテマラに送り、そのうちの2つの病院、ラス・オーブラスとヒラリオ・ガリンド病院を利用しています。 各ボランティアは旅費と宿泊費を負担します。

外科チームの到着に備えて、約100人のコミュニティワーカー(ネットワークディレクター)が村に出向き、外科手術で治療できる症状に苦しんでいる人々を特定します。 フェイス・イン・プラクティスは、患者が手術の適切な候補者であるかどうかを評価し、もしそうなら、外国の外科チームのいずれかが国にいるときに患者が病院に来るようにスケジュールを組みます。

場合によっては、患者は病院に行くために8~10時間移動しなければならないので、旅行計画について数週間から数カ月前にネットワークディレクターと協力します。

私のチーム「外科Boutros Antigua#497 」には、2人の泌尿器科医、2人の一般外科医、2人の形成外科医、および頭蓋顔面の訓練を受けたENT顔部形成外科医の、7人がいました。 チームとして90人の患者を手術しました。

特にある患者の手術は、間違いなくチームの協力によるものでした。 彼女は、体重わずか8キロのTreacher Collins症候群の3歳の少女です。 彼女は固形物を食べることができず、体内への酸素供給もうまくできないので、年齢の割にとても小さいのです。 母親は哺乳瓶でミルクや水を舌に垂らして栄養を補給しています。 固形物を食べたことがありません。 そして、大腿前外側のフリーフラップを行い、大腿部から皮膚と軟組織を採取して、成長する下顎を支えるための「あご」と軟組織の包帯を作りました。 これらの手術がなければ、この患者は最終的に成長不全で、文字通り餓死していたことでしょう。

また、形成外科チームは26歳の患者を手術した。歳の男性は、癌のため鼻と上唇、内側と外側の切歯の切除が必要でした。 彼は2年間、この欠損を覆うためにサージカルマスクを使用しています。 今回のミッションでは、彼の利き腕でない腕から橈骨前腕遊離フラップを採取し、上唇を作製しました。 来年は、額の軟部組織を使って鼻を再建する予定です。

このライフについて詳しく知るには。を変えるプログラムです。 をご覧ください。faithinpractice.org または以下のリンクをクリックしてください。

Contact Faith in Practice:

Email: [email protected]

fb_icon_325x325 imgres imgresunnamed wwXJk6kk

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。