Site Overlay

Organ Pipe Cactus

この特徴的な夜咲きサボテンは、柱状の木のような形で20フィート以上の高さに成長し、複数の茎を出して塊を形成する。 成熟した株は多くの枝を出し、幅12~15フィートに達します。 オリーブグリーンの直立した茎には、特徴的な肋骨がある。 このサボテンは、黒くて長い棘が間隔をおいて生えており、年とともに灰色に変化する。 ピンクがかった赤色で縁が白っぽい、3インチの漏斗状の花を咲かせます。 花は日没後に開き、日中は閉じている。 花後、大きく丸い食用の果実をつけ、熟すとやがてトゲがなくなる。 種子は暗褐色で、甘く鮮やかな赤色の果肉に覆われている。 歴史的には、果実は食用として収穫され、茎は様々な薬用として利用されてきた。 また、肋骨は地元の住民によって建築資材として利用されていました。 コンテナのアクセントとして、また土台となる植物として、あるいは構造的な美しさを求めて他のサボテンと一緒にお使いください。 アリゾナ州の原生植物法で保護されており、メキシコとの国境に近いオーガンパイプ国定公園で豊富に生育している。 また、メキシコのバハカリフォルニア、ソノラ、シナロアの原産で、岩場、丘陵地、標高3000フィートの砂漠の平原に沿って生育している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。