Site Overlay

PennsylvaniaCode

§3.93.

(a) 醸造所免許の保有者は、本節に定める場合を除き、免許敷地内で常連客に酒を消費させることはできない。

(b) 醸造所免許の保有者が免許敷地内で使用するための醸造パブ、レストラン酒、飲食店小売ディスペンサーまたはホテル免許を取得している場合、醸造パブ、レストラン酒、飲食店小売ディスペンサーまたはホテル免許の要件に従って免許敷地内でのアルコール摂取を許可する場合がある。

(c) 醸造所免許の保有者が、免許敷地内で使用するための醸造所パブ、レストラン酒、飲食店小売販売業者またはホテル免許を取得していない場合、次の条件の下でのみ、免許敷地内でのアルコールの持込を許可することができる。

(1) 消費は午前10時から午前0時までとする。

(2) 許可敷地内で消費できるアルコールは、醸造所が生産・所有する麦芽または醸造飲料のみとする。

(3) 醸造所は、アルコールを摂取している間、利用者が使用できる席を許可敷地内に少なくとも10席設けなければならない。

(4) 醸造所は、許可敷地内でアルコールを摂取する各利用者が、アルコールを摂取している間は食べ物を提供するものとする。 食べ物は、最低でもポテトチップス、プレッツェル、および類似の食べ物でなければならない。 食品は醸造所または第三者が用意することができる。

(d) 醸造所ライセンス保有者は、§13.201および13.211(定義、および試飲イベントに関する)に従って、醸造所が生産し所有するモルトまたは醸造飲料の試飲を提供することができる。 § 2-207(i)および4-446(a)(1))に基づいて発行される。

ソース

2015年5月29日に採択、同月30日に施行、45 Pa.B. 2594の当§ 3.93の規定。

当サイトの情報のいかなる部分も、営利目的の複製または販売を禁じます。

この資料は、公式ペンシルバニア法典全文データベースから直接抽出したものです。 HTML の制限またはブラウザごとの表示能力の違いにより、このバージョンは公式の印刷版と若干異なる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。