Site Overlay

Plandemic」の最も危険な主張を否定する

先週、「Plandemic」と題する巧妙に作られたビデオがソーシャルメディアで話題になり始めましたが、新型コロナウイルスについて誤った情報を広めたため、Facebook と Twitter で禁止されました。

ビデオの根拠のない主張には、マスクがウイルスを「活性」する、ビーチには治癒力があり、ウイルスによる疾患 COVID-19 に対するワクチンで数百万人を殺せるというものが含まれています。 免疫学とウイルスの専門家がLive Scienceに語ったところによると、これらの主張は全く事実無根である。 このビデオは、慢性疲労症候群の原因に関する2009年の論文を、誰も再現できず、実験室の汚染の結果であることが明らかになった後、サイエンス誌から撤回された生化学者、ジュディ・ミコヴィッツへのソフトボール・インタビューです。 このインタビューの中で、ミコヴィッツは、自分の研究とキャリアが、国立アレルギー感染症研究所の所長であるアンソニー・ファウチ博士によって抑圧されていると、多くの主張をしています。 ミコヴィッツの歴史は、サイエンス誌など他の媒体で徹底的に検証され、説明されています。

関連記事。 科学が解明した13のコロナウイルス神話

しかし、ファウチの信用を落とそうとする以上に、ミコヴィッツは、人々がSARS-CoV-2に感染するリスクを直接高める可能性のある数々の主張をしています。 Live Scienceは、これらの主張とその背後にあるものについて専門家に尋ねました。

主張:マスクはコロナウイルスを「活性化」する。 ビデオの中でミコビッツは、「マスクをつけると、文字通り自分のウイルスが活性化される」と言っています。 もしそれがSARS-CoV-2であれば、大問題です」

Johns Hopkins Bloomberg School of Public Healthの環境衛生・工学部のMarsa Wills-Karp氏は、この主張は意味をなさないと述べています。 「彼女はあなたが既に鼻の中に持っている接種物を吸い込むと、何らかの形であなたの露出を変更しようとしていると考えている場合、彼女は免疫について何も知りません “とWills-Karpはライブサイエンスに語った。 このような場合、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」……………………………………….. しかし、公衆衛生研究者は、布製のマスクは、人々自身の呼吸器飛沫がそれほど遠くに移動しないようにすることで、コロナウイルスの感染を少なくともいくらか遅らせることができると考えています – 大流行の状況では、感染を遅らせることは助けになります。 コロナウイルスはインフルエンザワクチン接種と何の関係もない。 ドキュメンタリーの中でミコビッツは、「イタリアは非常に高齢者が多い。 彼らは炎症性疾患で非常に病んでいる。 彼らは2019年の初めに、高病原性H1N1を含む4種類のインフルエンザ株を含む、未検証の新しい形のインフルエンザワクチンを手に入れました。 そのワクチンは、犬の細胞株で培養されたものです。 犬はコロナウイルスをたくさん持っている」

イタリアのあるインフルエンザワクチンには4種類のインフルエンザ株があり(そのインフルエンザワクチンはテスト済みだったが)、そのウイルスは犬から採取した細胞株で培養されていたことは事実である。 しかし、コロナウイルスとの関連を示す「正当な理由はない」とジェイコブスはLive Scienceに語っている。 ワクチンに含まれるインフルエンザ・ウイルスは、他のインフルエンザ・ワクチンと同様に、化学物質で不活性化され、死滅し、感染性を失っている。 万が一、犬のコロナウイルスが細胞株に入っていたとしても、この不活性化の段階でそれも死滅しただろうとジェイコブズは言う。 (もし、このようなことが起こっていたら、インフルエンザ・ワクチンはコロナウイルスに感染させるのではなく、コロナウイルスに対する予防接種になったはずである)。 さらに重要なことは、イタリアで発生したコロナウイルス株の遺伝子分析から、それが中国に由来するコロナウイルスと同じであることが明らかになったことであると、彼は言う。 しかし、ジェイコブスは、この主張は、反ワクチン運動でおなじみの用語を繰り返すものであると述べている。 エイズ流行の際、HIVはアフリカで行われた汚染されたポリオワクチン接種に由来するという陰謀が生じたと彼は言います。

「突拍子もないコメントですが、反ワクチン運動の民間伝承の一部だと思います」とジェイコブスは言います。

インフルエンザ予防接種とコロナウイルスの関連性を示す陰謀に、最後の釘が刺さったか? イタリアからの予備データでは、インフルエンザの予防接種を受けた人は、そこでコロナウイルスが発生したときに、より良い状態になったことを実際に示唆していると、マウントサイナイ・アイカーン医科大学の微生物学者、Benjamin tenOeverは述べています。 最も可能性が高いのは、インフルエンザの予防接種を受けた人は、定期的に医者に行き、健康的な食事をし、運動し、他の方法で健康に気を配る傾向があり、新しい病気に対してより回復力があると、tenOever は Live Science に語った。

主張:ワクチンは効果がなく、人を殺す。

現実。 このような、”忖度 “された “忖度 “は、”忖度 “された “忖度 “された “忖度 “された “忖度 “であることを意味します。 彼女はインタビュアーに、「現在、どの RNA ウイルスにも有効なワクチンは予定されていない」と言います。

それは「ばかげた」主張だと tenOever 氏は言います。 ワクチン接種の最大の成功例のいくつかは、ポリオ、はしか、黄熱病などのRNAウイルスに対するワクチンです。 (RNAは、RNAウイルスの遺伝コードを伝える核酸です)

「黄熱病ワクチンは非常に優れたワクチンなので、人々は研究しています」とジェイコブスは言います。 同様に、ワクチンが何百万人もの命を奪ったという主張も、現実には何の根拠もありません。 私たちは約200年前に西洋で初めてワクチンを使い始め、何百万人もの命を救ってきました」とジェイコブス氏は言います。「現在、世界中の研究所が、記録的な速さでコロナウイルスの予防接種を作るために活動しています。 しかし、これは安全に実現できる、とジェイコブスは言う。 人間で実験する前に、まず動物実験によって危険な副作用がないかどうかが調べられるという。 そして、新しいワクチンの開発は、古いワクチンで安全性について知られていることを基礎にすることができる、と彼は言う。 例えば、英国のオックスフォード大学のチームは、中東呼吸器症候群(MERS)のワクチンの構造を基にしたコロナウイルスワクチンのヒト試験を開始しました。

関連記事。 COVID-19ワクチンはいつ完成するのでしょうか。

「彼らは、動物実験を含む、コロナウイルスに対するこのプラットフォームの使用に関する膨大なデータを持っています」とジェイコブスは述べました。 「このような背景があったため、より早くヒト試験に移行することができたのです。 MERSの遺伝子を取り除き、SARS-CoV-2の遺伝子を入れるだけです」

コロナウイルスワクチンにとって、安全性はおそらく大きな問題にはならないでしょう。 また、このような「忖度」は、「忖度」と「忖度」の間の「忖度」を「忖度」と呼びます。

現実:Mikovitsの発言のいくつかは、人々が何らかの科学的理論についての知識に訴えるように設計されているようですが、ほとんど論理的意味をなさない方法で、あるいは、より細かい点を言えば、まさに「陳腐」である方法で、tenOeverは述べています。 土の中にも、砂の中にも、配列がある。 海には海水中の癒し系の微生物がいるでしょ。 それは狂気の沙汰だ」

ビーチを閉鎖するのは、あまりにも多くの人々がそこにいて、互いに少なくとも6フィート(1.8メートル)の距離を保っていないからだと、Wills-Karpは言った。 しかし、「配列」と海洋微生物については、その主張は不可解です。

「彼女が何を言っているのかわからない」と Wills-Karp は言います。 ミコヴィッツがやっているのは、自分の陰謀的な理論を、「善玉」バクテリアに触れることで脅威に対して過剰反応しないよう免疫系を訓練し、自己免疫疾患やアレルギーを予防するという衛生仮説のような正当な科学と結び付けようとしているのでしょう。 あるいは、食べ物の消化を助け、有害な感染性細菌が腸内に定着するのを防ぐのに役立つ、有益な腸内細菌についての人々の知識に訴えかけているのかもしれません」

関連記事 このような、「忖度」(そんたく)は、「忖度(そんたく)」とも呼ばれます。 しかし、砂や波が抗ウイルス剤の役割を果たすことは知られていない。 このような場合、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」。 新鮮な野菜のような加工されていない食品を食べる。 プロバイオティクスを摂取する。

「これらは健康な腸内細菌を維持するための方法です」と彼女は言った。 「

  • The 12 deadliest viruses on Earth
  • 11 surprising facts about the respiratory system
  • 11 (sometimes) deadly diseases that hopped across species

Originally published on Live Science.Inc.

OFFER: 45% Save on ‘How It Works’ ‘All About Space’ and ‘All About History’!

期間限定で、弊社のベストセラー科学雑誌のデジタル購読をわずか2ドルでご利用になれます。このような状況下において、私たちは、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」、「科学と技術」と続くことを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。