Site Overlay

既婚・同棲成人の確率標本におけるパートナーの浮気発見と大うつ病エピソード | Chopper

Discussion

本研究は、結婚満足度の指標が中点以下であり高リスクである既婚・同棲成人の確率標本を対象に、過去1年間のパートナーの浮気発見と12ヶ月のMDE陽性率の関連性を検討するために行われた。 その結果、パートナーの浮気を発見しなかった人と比較して、過去12ヶ月間にパートナーの浮気を発見したと報告した人は、過去1年間のMDE有病率が高く、夫婦間の適応度が低いことが示唆された。 パートナーの浮気を発見した人とMDEとの関連は大きく(例えば、パートナーの浮気を発見した人がMDEの基準を満たす確率は、パートナーの浮気を発見しなかった人の確率の9倍以上)、人口統計学と夫婦関係の適応度を統計的にコントロールした後も有意に維持された。 また、パートナーの浮気の発見と社会恐怖症やアルコール使用障害との間に有意な関連は認められず、パートナーの浮気の発見とうつ病との関連の特異性が支持された。 Brownら(1995)は、不倫などの屈辱的な出来事は、無力感、無気力感、敗北感、絶望感をもたらし、これらの要因は社会恐怖症やアルコール使用障害よりもうつ病と強く関連すると仮定している。 しかし,パートナーの浮気の発見は,本研究で検討した以外のメンタルヘルスアウトカム(例えば,全般性不安障害,トラウマやストレス要因関連障害)と関連している可能性があり,これらの潜在的な関連を検討することは,今後の研究にとって重要なトピックとなるであろう。

得られたパートナーの浮気発見,MDE,夫婦間適応との関連を解釈するには,本研究で用いたサンプルが夫婦間満足度の単一項目指標で中間点以下であったために選択されていることを考えることが大切である。 他で議論されているように(例えば、Sackett & Yang, 2000)、この種のサンプル選択プロセスは範囲の制限をもたらすため、結果はこれらの変数間の母集団相関を過小評価する可能性が高い。 したがって、本研究で得られた効果の大きさは、高リスクのサンプルに対するこれらの変数間の相関の推定値として解釈されるべきであり、既婚および同棲している成人の集団で得られるかもしれない相関の推定値としては解釈されるべきではありません。 結婚生活満足度の測定で中点以下のスコアを得たのは、対象者のわずか6%であり、これは既婚者と同棲者の非常に苦しいサブグループであることを示唆するものであった。 5026><1331>結果は、前年のパートナーの浮気発見率は7.3%であったことを示唆した。 本研究の参加者は、夫婦関係満足度の指標で中点以下のスコアであったため、また、横断的研究(例:Whisman, 1999, 2007)および縦断的研究(例:, Overbeek et al., 2006; Whisman & Bruce, 1999)、横断的研究(例えば、Atkins et al., 2001; Whisman et al., 2007)および縦断的研究(例えば、Pleviti & Amato, 2004)では不貞行為と関連しており、このサンプルは高リスクサンプルと見なすことができる。 そのため、特に結婚満足度の低い人を選んでいない既婚者のサンプルでは、パートナーの浮気が発見される12ヶ月間の基本率は低くなる可能性が高い。 この視点に対する間接的な支持は、このサンプルにおける不倫の12ヶ月有病率(不倫を知ったかどうか)に関するデータから得られている。 このハイリスクサンプルでは、約15%の人が過去12ヶ月間に婚外恋愛をしたと報告しており、これは先行研究で得られた不倫の年間有病率の推定値(1.5%~4.0%の範囲に入る傾向)よりも高い(レビューについては、Allen et al.を参照のこと)。 5026>

さらに、インタビューに先立つ12カ月間に、女性がパートナーの浮気を発見する確率は、男性よりもはるかに高いことが示唆された。女性のパートナーの浮気を発見する確率は、男性の約8倍であった(OR = 7.92) 。) パートナーの浮気を発見する年間有病率の男女差は、パートナーの浮気を発見する生涯有病率に関する限られた先行研究と一致する。 例えば、ある研究では、女性の23.4%と男性の13.4%が、人生のある時期に配偶者や親しい関係のパートナーが浮気をしていることを発見したと報告しており、有病率のこの男女差は統計的に有意であった(Turner & Lloyd, 1995)。 また、今回の結果は、不倫の性差を評価した先行研究の結果とも一致し、女性よりも男性の方が不倫をしたことがあると報告する割合が高いことがわかった(例:Atkins他、2001;Treas & Giesen、2000;Wiederman、1997)。 しかし、生活ストレスの研究者は、ライフイベントのストレス度を定量化する上で、文脈的な要因の重要性を強調してきた。 例えば、Brown and Harris(1978)は、ある出来事を取り巻く社会的状況を調べて、その文脈上の脅威を評価しており、このような文脈上の要因は、パートナーの浮気の発見がうつ病と関連しやすい条件についての理解を深めることができるかもしれない。 同様に、パートナーの浮気を発見したときの周囲の状況は、その発見に関連する反応の深さや範囲に影響を与える可能性がある。 例えば、パートナーの反応は、不倫を発見した人の精神的な健康状態に影響を与えるかもしれません。 さらに、パートナーの浮気の発見にはさまざまな方法があり、それが浮気を発見した人の精神的な健康状態に影響を与える可能性がある。 ある研究では、発見の公共性と発見が本人のアイデンティティを脅かす度合いが異なる4つの不倫発見の方法、すなわち、未承諾第三者発見、「現行犯」発見、勧誘発見、未承諾パートナー発見の関係性帰結を検討した(Afifi, Falato, & Weiner, 2001)。 忖度方法は、関係性の質、許し、関係性の解消と関連していた。 しかし、本研究の参加者は大学生であり、今後、既婚者においてパートナーの浮気を発見する方法の違いによって、うつ病や夫婦適応、夫婦の安定性などの関係性の成果との関連が異なるかどうかを検討する必要がある。 例えば、他のタイプの発見と比較して、他人から浮気を聞かされるような要請されていない第三者の発見は、このタイプの発見は他のタイプの発見よりも屈辱を伴うので、うつ病とより強く関連するのかもしれない

すべての研究と同様に、この研究にはいくつかの限界があった。 まず、パートナーの浮気の発見とうつ病との関連についての信頼区間の幅がかなり大きかった。 区間にゼロが含まれていないことから、関連は正であるという結論が得られるが、この関連の大きさは大きく異なる可能性がある。 サンプルサイズは母集団相関の推定精度に直接影響するため(Maxwell, Kelley, & Rausch, 2008)、今後の研究ではより大きなサンプルを使用することで、パートナーの浮気の発見とうつ病の関連をより正確に推定することができるだろう。 第二に、本研究は横断的なデザインであり、パートナーの浮気の発見がうつ病の原因、相関、結果であるかどうかを評価するためには、縦断的な研究が必要であるということである。 パートナーの浮気が発覚するとうつ病になる可能性が高くなりますが、うつ病患者のパートナーが浮気に関与するリスクが高くなる可能性もあります。 うつ病患者のパートナーは、個人生活や社会生活に支障をきたしていることを報告しており(例:Benazon & Coyne, 2000)、不倫に関与する可能性が高くなる可能性がある。 第三に、本研究はパートナーの不倫発覚とうつ病の直接的な関連に着目している。 そのため、この関連のメカニズムは不明なままである。 Brownら(1995)は、屈辱的な出来事が無力感、無力感、敗北感、絶望感をもたらすと仮定しており、これらの構成要素がパートナーの浮気の発見と抑うつとの関連を説明するかどうか、今後の研究が必要である。 第四に、パートナー不倫の発見を報告した人の数が少なすぎて、発見とうつ病の関係の潜在的な調整因子を検討することができなかった。 性別、うつ病の既往、親の不倫歴、パートナーが不倫を繰り返しているかどうかなどの特徴によって、関連の大きさが異なる可能性がある。 第5に、特にNCS-2で用いられているようなインタビュー形式では、そのようなデリケートな情報の開示を拒否する人もいるため、得られたパートナーの不倫発見の有病率は、真の有病率の過小評価である可能性が高い(Whisman & Snyder, 2007)。 最後に,本研究ではパートナーの浮気の発見とうつ病の関連に焦点を当てたが,Beachら(1989)の研究結果が婚外恋愛の関与がうつ病のリスク上昇と関連する可能性を示唆しているように,浮気をすることとうつ病との関連についても研究が必要である。 パートナーの浮気の発見とMDEとの関連は夫婦間の適応に対して増分的であるという知見の1つの含意は,一般的に関係の質に焦点を当てることによって,研究者が親密な関係機能とうつ病との関連の大きさを過小評価している可能性があることである。 つまり,関係機能とうつ病の関連を完全に理解するには,関係性の質だけでなく,関係性の質との共通の関連以上にうつ病と増分的に関連する,パートナーの浮気の発見などの他の関係機能の側面も含める必要がある。

この研究の結果は,臨床的意義も持っている可能性がある。 臨床家はカップルセラピーにおいて不倫を扱うことが困難であると報告しており(Whisman, Dixon, & Johnson, 1997),本研究の結果は,これがパートナーの不倫を知った人のうつ病の確率が高いことが一因である可能性を示唆している。 不倫をカップルセラピーの結果予測因子として評価した研究では、この関連は結果や評価のタイミングによって異なる可能性が示唆されている。 例えば、カップルセラピーの効果に関する地域ベースの研究では、不倫以外の理由でセラピーを受けたカップルに比べ、不倫を問題視したカップルは、セラピー開始時には、より大きな苦痛を感じ、より多くの抑うつ症状を報告していたが、セラピー後6ヶ月では不倫していないカップルと差がなかった(アトキンスら、2010)。 また、2種類の行動的夫婦療法の効果を評価した無作為化臨床試験において、不倫と治療成果の関連を検討したところ、不倫カップルは治療開始時に非不倫カップルより有意に夫婦の満足度が低かったが、治療終了時には2種類のカップルの夫婦の満足度に有意差はなかった(Atkins、Eldridge、Baucom、& Christensen, 2005)。 これらのカップルのより長期的なアウトカムに関しては,5年後のフォローアップで結婚を継続したカップルでは,不倫カップルと非不倫カップルの関係満足度に統計的に有意な差はなかったが,不倫カップルの治療後5年後までに離婚する確率は,非不倫カップルの3倍以上だった(マリン,クリステンセン,&アトキンス,2014年)。 これらの結果を総合すると,治療中の不倫カップルは,非不倫カップルと同程度に関係を改善するか,非不倫カップルより高い割合で関係を終わらせるかの2つの経路がある可能性が示唆される。

本研究および先行研究におけるパートナーの浮気の発見がMDEの有病率と関連するという知見の第二の臨床的意義は、最近浮気が発見されたカップルを扱うカップルセラピストは、両方のパートナーのうつ状態を評価し、うつ状態がある場合はそれに対応した治療を行うことが勧められるということである。 この推奨は、Gordonら(2004)によって開発された不倫の統合治療と一致する。この治療の最初の目標は、個人と関係の両方の機能を評価して、介入が必要な緊急の危機を特定し、パートナーが自分自身をケアする方法に焦点を当てることである。 5026>

結論として、確率的サンプリングによって募集された既婚または同棲中の成人のハイリスクサンプルの結果は、パートナーの浮気を知らなかった人に比べて、パートナーが浮気をしていることを知った人は、MDEの基準を満たし、夫婦間の適応レベルが低いことを報告する傾向が強いことを示唆した。 さらに、人口統計学や夫婦間適応を統計的にコントロールしても、パートナーの浮気発見とMDEとの関連は統計的に有意であり、パートナーの浮気発見は社会恐怖症やアルコール使用障害とは有意な関連を示さなかった。 この結果は、パートナーの浮気の発見とMDEとの間に観察された関連性の特異性を支持するものである。 これらの結果は、親密な関係機能とうつ病との関連を理解する上で、関係の質に加え、要因を考慮することの重要性を強調し、パートナーの浮気を発見した人の精神衛生と幸福に及ぼす影響を理解するための継続研究の必要性を浮き彫りにした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。