Site Overlay

Southeastern Arizona Wildflowers and Plants

Plant Name

Scientific Name: Cylindropuntia spinosior

Synonym: Opuntia spinosior

一般名: ウォーキングスティックカクタス、ケインチョーラ、ウォーキングスティックカクタス

植物の特徴

期間。 多年生

生長形態:低木、サボテン

アリゾナ州の原産地。 ネイティブ

生息地。 砂漠、高原

花色:マゼンタピンク(最も一般的)、赤、オレンジ、茶、黄、黄緑

開花時期:。 春(遅い)、夏

高さ。 高さ8フィート(2.4m)まで

Description: 葯のフィラメントは鮮やかなピンクからマゼンタパープル(時にはグリーン)、そして白、ピンク、またはマゼンタのスタイルを持つ、派手な花は幅3インチ(7.6cm)です。 花の後には、棘のない、非常に結節性の、鮮やかな黄色の果実がなる。 茎は緑色で枝分かれし、棘があり、1つの円孔に6~18個の灰色がかった棘がある。

よく似たスタグホーンチョラ(Cylindropuntia versicolor)は、滑らかでふっくらした、ほとんど棘のない、緑、紫、または赤っぽい果実をつけ、花が咲くまで株に残る。一方、バックホーンチョラ (Cylindropuntia acanthocarpa) には、褐色の非常にトゲだらけの、でこぼこの果実をつけ、花前に落下させる。

特別な特徴

食用 – 熟した黄色の果実は食べられる。

法的地位 – 保護された原生植物(サルベージ制限)

分類

Kingdom: 植物界 – 植物
Subkingdom: Tracheobionta – Vascular plants
上科。 精子植物門-種子植物
区分 被子植物門 花き類
クラス: 被子植物門 双子葉植物
亜綱 ヒヨドリバナ科
目 カリロフィラール
科 サボテン科
属 Cylindropuntia (Engelm.) Kreuzinger
種。 Cylindropuntia spinosior (Engelm.) F.M. Knuth – walkstick cactus

この植物について

アリゾナ郡分布図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。