Site Overlay

Superlocrian mode

Superlocrian, otherwise known as Diminished Whole-Tone scale, or Altered scale is 7th mode of Melodic Minor.を使ったソロを学んで、音楽の見方を変えてみましょう。 マイク・スターン、スコット・ヘンダーソン、ロベン・フォードなど、ジャズやフュージョン音楽でよく使われます。 1-b2-b3-b4-b5-b6-b7と、すべての音程がフラットという非常に珍しい構成になっています。

スケールとハーモニーの関係を理解するために、最初の例では、6弦をルート音とし、3rdを使って4音のコードを作り、ハーモナイズした音を示しています。 これは Ab Melodic Minor を演奏するのと同じですが、ここでは 7 度から始めています。

2番目の例は、スケールがマイナーではなくドミナント・コード上にあると見なす、変化球の視点からのものです。 b4の存在は、エンハーモニックにメジャー3rdと同じであるため、このトリックを可能にします。 これをさらに発展させ、「フラット」な音程名を「シャープ」な音程名に置き換えると、同じスケールを次のように表記することができます。 1-B9-#9-3-B5-#5-B7.

例2は、マイナーではなくドミナントコードの上と見なす、「変化」の視点です。

まったく同じ音ですが、異なる音程名を使用しています。 この理由は、ドミナント7thコード(1-3-b7)にオルタード・エクステンション(b9-#9-b5-#5)を選択したためです。 タブの例でわかるように、私たちはG7から始めて、それらの拡張音の様々な組み合わせを追加して、異なる「オルタード」コードを作成することができます。 ジャズのコード・チャートには、しばしば「G7alt」と書かれていますが、これは「オルタード・コードを演奏する」という意味です。

例3はG7#9から始まりますが、このコードはヘンドリックスがパープル・ヘイズなどの曲で使用したことから、一般的に「ヘンドリックス・コード」と呼ばれているコード・タイプです。 このコードの構造は、ドミナント7thに#9のインターバルを加えたものです。 9は基本的にマイナー3rd(b3rd)と同じなので、このコードにはメジャーとマイナーの緊張感があり、Superlocrianは完璧なソロの選択肢となります。

ここで、7#9のコード・シェイプを中心とした1弦2音のリックを紹介します。 譜例4では、Major 3rdと#9の両方の存在感を実感していただけると思います。 9は「マイナー3rd(b3rd)」と同じ意味ですので、G7のアルペジオにb3rd(または#9)を追加しています。 6646>

最後の5つ目の例は、M7b5アルペジオの組み合わせを使って、マイナーII-V-Iの上で演奏されるフュージョン・リックです。 G7のコード上でオルタード・スケールを使用し、Cm7に解決します。

例1 – G superlocrian

(Image credit: Future)

最初に6弦に沿ったルート音を学びましょう。 音程は、b2-b3-b4-b5-b6-b7です。 コードを弾くには、1、2、3本の指を切り替える必要があるので、できるだけスムーズに指を切り替えることに集中しましょう。 6646>

例2

(Image credit: Future)

ここではG7のコードから、低音から高音まで1-b7-3の音程で始めます。 2弦にb5と#5の音程が、1弦にb9と#9の音程が追加されます。 6646>

例3

(Image credit: Future)

G7#9を弾いて、使用フレットに注意しながら、同じフレットで、各弦に8フレットを追加したリックを演奏してください。 これは、Cマイナー・ペンタトニックのシェイプ1を、ルート音を1フレット下げたB(またはCb)と考えることができます。 6646>

例4

(画像提供:未来)

まず2指を15フレットに置き、1指を使って13・14フレットを移動させる。 続けて、1、2、3本目の指を使い、残りの部分を移動します。

例5

(Image credit: Future)

この曲はインターバル・ジャンプやストリング・スキップを多用していますので、8音程度の小さな塊で練習し、セクション間の流暢さを身につけます。 次に、これらのチャンクを連結し、オルタネイト・ピッキングまたはエコノミー・ピッキングのどちらか、やりやすい方で演奏してください。

最近のニュース

{{ articleName }}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。